ラグビーも影響か、インフルエンザが既に大流行 昨年とはウイルス異なり、早めのワクチン接種を

ラグビーも影響か、インフルエンザが既に大流行 昨年とはウイルス異なり、早めのワクチン接種を

企業にとって、ワクチンの集団接種を考えることも大切な福利厚生の一つ

 まだ10月になったばかりだと言うのに、今年はすでにインフルエンザの流行が始まっている。

 通常は12月上旬から3月下旬が流行期で、ピークは1月から2月上旬だ。感染症研究所の報告書をみると、ここまで流行が早く始まるのは2009年以来のことである。

(https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-m/813-idsc/map/130-flu-10year.html)

 定点観測における1週間の患者数が1.0を超えると流行が始まったと認定されるが、今年は第37週(9月9〜15日)の時点で全国での定点あたりの患者数が1.17人となり、インフルエンザの流行シーズンに入った。

 地域別に見ると、沖縄では7月中から注意報(定点あたり10人以上)が出ており、9月初頭から既に警報レベルの定点あたり30人以上の患者が発生し、第38週には50人以上に増えている。

(沖縄県インフルエンザ関連情報:https://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/eiken/kikaku/kansenjouhou/influ.html)

 第38週(9月16〜22日)の時点で、東京でも定点あたりの患者報告数が1.0を超えたためインフルエンザの流行開始を発表した。

(東京都インフルエンザ情報第2号:http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/assets/flu/2019/Vol22No2.pdf)

 ほかには、石川県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県などで流行開始となった。

(厚生労働省:インフルエンザに関する報道資料発表・インフルエンザ=https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou01/houdou.html)

関連記事(外部サイト)