アマゾン、ついに東南アジアでEC事業本格展開 シンガポールでサービス刷新、インドネシアも視野

アマゾン、ついに東南アジアでEC事業本格展開 シンガポールでサービス刷新、インドネシアも視野

シンガポールの「アマゾン・プライムナウ」フルフィルメントセンター(写真:ロイター/アフロ)

 米アマゾン・ドット・コムは10月8日、シンガポールでeコマース(EC)サイト「Amazon.sg」を開設したと発表した。

ウェブブラウザーや専用アプリでサービス展開

 同社がシンガポール市場に進出し、有料会員プログラム「プライム(Prime)」を始めたのは2017年のこと。だが同国ではこれまでスマートフォン用のプライム会員向け即時配達アプリ「Prime Now」を通じて食料品や日用品を中心に販売していた。

 シンガポール版Prime Nowアプリには海外製品のカテゴリーもあり、それらを含めた同国での取扱商品数は数万点だった。ただ、これだけでは、品ぞろえが競合のeコマース企業に劣っていた。

 シンガポールの「ザ・ストレーツ・タイムズ紙」によると、同国の顧客がアプリにない商品をアマゾンで購入するためには、米国サイト「Amazon.com」で注文する必要があった。しかしその多くはシンガポールへの配送サービスがない。たとえあったとしても高額な配送料がかかっていた。

 アマゾンは、新サイトの立ち上げにともない、取扱商品を大幅に増やした。書籍やビデオゲーム、家電、玩具、ホーム・キッチン用品など数百万点になる。これまでシンガポールで販売していなかった電子書籍端末「Kindle」も販売する。

 サービスは他国と同様にパソコンやスマートフォンのウェブブラウザーを介して提供するほか、専用のショッピングアプリも用意する。

関連記事(外部サイト)