生産現場の不良や故障、その瞬間を捉えて対策を 実践!IoTを使った現場改善(第4回)

生産現場の不良や故障、その瞬間を捉えて対策を 実践!IoTを使った現場改善(第4回)

安定した製品品質の維持には現場の精緻なモニタリングが欠かせない。(写真はイメージ)

 IoTによる生産革新は、決して先進的な大企業ばかりが恩恵を得られるわけではない。むしろ限られた人材や設備でものづくりを行っている多くの中小企業にこそ大きな可能性をもたらすものである。

 日本能率協会コンサルティング(JMAC)では、IoTデバイスを使いこなす強い現場づくりを目指すために「現場IoT7つ道具」を提唱している。

 現場IoT7つ道具とは、現場の見える化の対象を「位置(Location)」「作業(Operation)」「場面(Situation)」「稼動(Availability)」「数量(Count)」「品質(Quality)」「危険(Hazzard)」の7つとし、これらの対象をセンシングし、データとして蓄積、解析することで次の生産活動につなげる手法である。

 第4回目は、この中から生産現場の場面を捉える「IoS」についての考え方と取り組み事例を紹介する。

◎連載「実践!IoTを使った現場改善」(バックナンバー)
(第1回)製造現場にIoT、一体何ができるようになるのか
(第2回)縦横無尽に動く工場のフォークリフトを追跡せよ
(第3回)工場従業員の作業実態をセンサーで把握する

異常の瞬間を捉えて原因を究明

 生産現場で刻々と発生する様々な「出来事」については、机上であれこれ頭を巡らすより、現場の観察から得られる情報が格段に役立つことは、誰もが認める事実である。長年にわたり生産現場の改善を試みる担当者や専門家は、現場に出向いて作業を観察し、さらにはVTRで記録して、その数倍の時間をかけて分析を行ってきた。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)