「モチベーション日本一」の会社が最重視するもの 12年にわたる人事部の取り組みを公開したLIFULL

「モチベーション日本一」の会社が最重視するもの 12年にわたる人事部の取り組みを公開したLIFULL

LIFULLの本社ビル(東京都千代田区)。「モチベーション日本一」の会社になるまでの取り組みを公開した

「社員は経営理念を実現するために集まった『同志』」──不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOMES」を運営するLIFULL(ライフル)の人事本部長、羽田幸広氏は、自著『日本一働きたい会社のつくり方』(PHP研究所)の中で、LIFULLのすべての活動の中核に経営理念があることを強調する。

 羽田氏は2005年に、創業8年目だったLIFULL(当時の社名は「ネクスト」)に入社した。以来、一貫して人事部門を担当し、「日本一働きたい会社」を目指してさまざまな制度、仕組みを作り上げてきた。本書『日本一働きたい会社のつくり方』はLIFULLの12年にわたる取り組みの軌跡をあますところなく公開した書籍である。

 羽田氏が入社した当時、社員数は80名ほどだったが、現在はグループで1000名を超え、売上高は10倍以上に拡大した。それだけでも目覚ましい躍進と言えるが、さらに特筆すべきなのが、同社がビジネスの成長と軌を一にして「モチベーション日本一」の会社になったことだ。

 LIFULLでは2003年より、組織戦略コンサルティング会社、リンクアンドモチベーションが提供する社員モチベーション調査(会社と従業員の相思相愛度調査)を実施している。当初は「全国平均より低い水準だった」というが、「従業員の満足度」を高めるべく全社的に試行錯誤を繰り返した結果、2017年についに283社中第1位となった。

 また同社は、GPTW(「働きがいのある会社」を選定する国際的な調査機関)が世界約50カ国に対して行っている調査で、「働きがいのある会社」ベストカンパニーに7年連続で選定されている。経済産業省と東京証券取引所が“従業員の健康管理に戦略的に取り組んでいる企業”を選定する「健康経営銘柄」にも2年連連続で選ばれた。

 なぜLIFULLの社員はモチベーションが高く、働きがいを感じているのか。羽田氏にその秘密を聞いた。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)