一口で梅干しを吐き捨てる欧米人、どう食べさせる? シリーズ「商いの原点」〜勝僖梅(和歌山県)前編

一口で梅干しを吐き捨てる欧米人、どう食べさせる? シリーズ「商いの原点」〜勝僖梅(和歌山県)前編

勝僖梅の「梅チーズ トリュフ仕立て」(写真提供:勝僖梅)

 2017年3月、世界77の国・地域から3282社が出展し、来場登録者数8万2434人を記録した「第42回国際食品・飲料展(FOODEX JAPAN2017)」において、大きな注目を集めた企業がある。紀州南高梅の梅干の製造販売を手掛ける株式会社勝僖梅(しょうきばい)だ。

 和歌山市に本社を置き、資本金6270万円、年商は約5億円、従業員数44人。売上比率は直販45%、法人・卸が55%。関西圏を主要な商圏とし、関東圏がそれに次ぐ。和歌山県みなべ町・田辺市を中心に生産されている南高梅の中でも、「特A級」という最高ランクの梅だけを扱う高級梅干しのトップ企業である。

 しかし、今回出展した商品は、いわゆる“梅干し”ではない。「梅チーズトリュフ仕立て」(冒頭の写真)と「梅チーズトリュフ仕立て(備長)」「燻し梅ピューレ」という3商品。

 前2者は、ワインやシャンパンによく合う酒のアテであり、後者は、万能調味料だという。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)