トランプ、米ロ首脳会談で「ロシア疑惑」を持ち出す 「米国大統領選挙に不当介入したのか?」とプーチンを詰問

トランプ、米ロ首脳会談で「ロシア疑惑」を持ち出す 「米国大統領選挙に不当介入したのか?」とプーチンを詰問

トランプ氏、選挙介入問題でプーチン氏を「追及」 初の会談

 米国のトランプ大統領とロシアのプーチン大統領が7月7日、ドイツのハンブルグで初めて会談した。会談の冒頭でトランプ大統領は、ロシア政府の米国大統領選挙への不当介入問題を提起し、かなり時間をかけて詰問し非難したという。

 トランプ大統領は、ロシアと共謀して昨年の大統領選挙の投票を不正に動かしたという疑惑をかけられている。そんな中、今回のプーチン大統領との会談は、トランプ大統領にとって自らの主張を裏付け、メディアや米国民に納得させるための絶好の機会だった。

 今回の首脳会談が米国内での今後の「ロシア疑惑」の追及に影響を及ぼすことは間違いない。疑惑をめぐる議論はどう変質していくのだろうか。

「ロシア疑惑」は議題に上がるのか?

 トランプ、プーチン両大統領はG20首脳会談の開催を機に二者会談にのぞんだ。会談の時間は当初30分とされたが、実際には2時間16分にまで延長された。トランプ大統領のメラニア夫人が会談後の予定を心配して途中から会談場に入り、それとなく終了を促したが、両首脳は意に介することなく熱気を帯びた協議を続けたという。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)