台湾のヘリ墜落は中国の斬首作戦か 台湾総統選の裏で発生した“事故”とソレイマニ将軍暗殺

台湾軍のヘリコプター墜落は中国の斬首作戦か イラン司令官の殺害との類似性を指摘

記事まとめ

  • 台湾軍の参謀総長が乗ったヘリコプターが墜落し、参謀総長をはじめ8人が死亡した
  • イラン司令官への米国の攻撃があった時期のため、墜落は中国の斬首作戦かと推測する声
  • 北朝鮮の金正恩委員長はイラン司令官殺害に肝を冷やしたのではと、推測されている

台湾のヘリ墜落は中国の斬首作戦か 台湾総統選の裏で発生した“事故”とソレイマニ将軍暗殺

台湾のヘリ墜落は中国の斬首作戦か 台湾総統選の裏で発生した“事故”とソレイマニ将軍暗殺

2020年の台湾総統選で再選を果たした蔡英文氏(1月11日、写真:ZUMA Press/アフロ)

1 イラン台湾

 イランの革命防衛隊コッズ部隊(対外工作部隊)司令官、ソレイマニ将軍への攻撃は米国の斬首攻撃だった。さぞや北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は肝を冷やしたことだろう。強烈な抑止力だ。

 一方、その陰で1月2日に台湾軍の参謀総長が乗ったヘリコプターが、北東部・宜蘭県の部隊を訪問するため台北市の松山空軍基地(軍民両用)を離陸した直後、山中に墜落し、乗っていた参謀総長をはじめ8人が死亡した。

 しかし、この「事故」があったことに、日本人は関心がないようだ。

 この2つに何か類似性はないのか、疑問に思うことはないのだろうか。そして、誰がこの2つの出来事を喜んでいるのかを考えることはないのだろうか。

 国際社会を揺るがす事件に直面しても軍事は他人事、国民皆評論家ではこの国の行く末は危ない。

2 中東の危機

米国とイランの本格的な対決は始まったばかり

 言うまでもなく、現代の中東の危機はイスラエルに起因していると言っても過言ではない。

 そして、米国の中東政策の大きな誤りは、イラクを2度の戦争で壊滅させ、力の空白を作ったことに起因している。

 湾岸戦争まで、イラクは少数のスンニー派が支配し、過酷な統治であったものの、中東における米国の盟友であった。

 過酷な統治が悪いというならば、アラブの国の統治はサウジアラビアなども例外でなく過酷であろう。

 イラクが壊滅し、力のないシーア派の政権になって以来、イランが浸透する土壌ができ、さらに、スンニー派の残党を中心とするイスラム国を米国が中心となり壊滅させたが、結果的に、米国がイランのイラクに対する浸透を手助けしただけだった。

 今イランは、核武装する可能性のある反イスラエルの最後の砦であり、米ドナルド・トランプ大統領がイスラエルに傾倒すればするほど、イラン壊滅に向かうだろう。

 今回の休戦は一時的であって、イランの後押しを受けた民兵組織などが、もし、イスラエルを攻撃したならば、米国は即、イランに対して大規模な攻撃を仕かけるだろう。

関連記事(外部サイト)