それでも検察はゴーン氏の特別背任を立証できない 異例の「保釈後の再逮捕」から垣間見える特捜部の焦燥

(細野祐二:会計評論家)

オマーン・ルート

 2019年4月4日木曜日未明、カルロス・ゴーン元会長は、会社法の特別背任容疑で東京地検特捜部に再逮捕された。ゴーン元会長の逮捕はこれで4回目となる。ゴーン元会長は、同年3月6日、保釈保証金10億円で108日間の勾留を終えて保釈されたが、この間、保釈条件に抵触するような行動はとっていない。ゴーン元会長は、4月11日に、保釈後初の記者会見を開く予定だったが、4回目の逮捕で再び東京拘置所に逆戻りすることになった。

 ゴーン元会長の再逮捕容疑は、2015年12月から2018年7月までの2年8カ月において、日産子会社の「中東日産」からオマーン財閥系販売代理店「スヘイル・バウワン・オートモービルズ」(SBA)に販売促進費などの名目で1500万ドルを送金し、このうち約500万ドルをゴーン元会長が実質的に保有する預金口座に還流させ、日産自動車に約5億6300万円の損害を与えた疑いである。

 SBAの経営者スヘイル・バウワン氏はゴーン元会長の知人であり、40社超の企業を擁する「スヘイル・バウワン・グループ」の創業者である。日産からSBAにわたった資金は総額で約35億円に上り、このうち相当額がレバノンにある投資会社「グッド・フェイス・インベストメンツ」(GFI)名義の預金口座に流れていた。GFIの経営者はSBA幹部のインド人であるが、レバノンはゴーン元会長の出身地であり、GFIの所在地も元会長の知人(故人)の弁護士事務所となっている。

 GFIに流れた金は、ゴーン元会長の妻キャロル夫人が代表を務めるレバノン法人「ビューティー・ヨット」(BY)やゴーン元会長の息子が経営する米国企業「ショーグン・インベストメンツ」などに渡っていたという。「ビューティー・ヨット」に流れた資金は約9億円で、この資金は約16億円のクルーザー購入代金の一部に充てられた可能性がある。SBA側への支出はサウジアラビア・ルートでも問題とされたCEO予備費が使われていた。また、ゴーン元会長はバウワン氏側から約30億円を個人的に借入れていたとされる。

 さて、これが現時点までに判明しているオマーン・ルートの逮捕容疑であるが、報道によれば、この逮捕容疑に対して検察関係者は、
●(今回の逮捕容疑は)「中東日産→SBA→ゴーン元会長の口座と資金還流の構図が鮮明」
●「確実に立証できるよう慎重に判断した。これなら誰からも文句を言われない内容だ」
●「逃亡や証拠隠滅の恐れがあると判断した。日産に5億円以上の損害を与えたことなどの事情も考慮した」
●「今回のオマーン・ルートは、金の流れを立証できれば特別背任の要件を満たすのは明らかだ」
 などと語っている。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)