民族主義的歴史観の払拭は「ソウル大学」の廃止から 併合時代を正視する良心派に触発されて

 間もなくG20が日本で開かれ、世界を動かす首脳たちがやって来る。会議の合間を縫って安倍晋三首相との首脳会談もセッティングされる。

 本来は真っ先にセットされるべき日韓の首脳会談であるが漂流していると聞く。

 当然であろう。何を決めても政権が代われば反古にする国を信用できないし、首脳会談で相互の不信感を拭い去り、過去にとらわれない未来志向を取り決めても「元の木阿弥」であることが自明だからだ。

 いまだに華夷秩序に雁字搦めで事大主義を信奉している韓国は、日本より道徳的に高みに立ちたいばかりに、国際法を無視してまで日本を悪の国家に仕立てる歴史を捏造して世界に流布する悪どさである。

李栄薫ソウル大学名誉教授の勇気

 2004年、ソウル大学経済学部の李栄薫(イ・ヨンフン)教授が「慰安婦の強制連行」を否定すると、社会的な非難を受け、慰安婦たちの前で土下座させられた。

 こうしたことから韓国の有識者の間で、これまでの歴史観にとらわれない新しい歴史教科書を作ることになり、李教授も「自分自身が民族主義の検閲に引っかかり、ひどい目にあった不快な記憶から解放されたかった」気持ちで編集に参加する。

 そして2006年2月、「脱民族主義という観点から解放前後史を再解釈した国内外のすぐれた学術論文を一書にまとめ」た『解放前後史の再認識』を出版してフォーラムが開かれる。

 ここで教授が「朝鮮時代末期から植民地時代までを経済史的観点から再検討し、日本による土地と食糧の収奪を強調する従来の歴史教育を否定する発表を行う」と、反対する勢力から殴る蹴るの暴行を受けたのだ。

 こうした数々の嫌がらせや暴力に屈することなく、教授は2007年に『大韓民国の物語 韓国の「国史」教科書を書き換えよ』を上梓した。

 まえがきに相当する「書の扉を開くにあたり」で、教授は次のように記している。

 「(私に加えられたような)騒ぎの過程を見守りつつ私は、韓国社会が、つまりこの社会を支えている多数の中産層が、この五十年間、民族・民衆・階級などという、彼らの日常生活と乖離した歴史によってどれほど苛まされてきたのかを、そして、自由と信頼による法治の文明として明るく描かれた、新しい歴史をどれほど渇望しているのかを痛感した」

 実際、『大韓民国の物語』の中で、「韓国の歴史教科書の内容は事実ではない。内容が誇張されていたり、誤って解釈されたものが大部分だ。そのような話しはすべて、教科書を書いた歴史学者の作り出した物語である」と、忌憚なく指摘し一蹴する。

続きはJBpressで

関連記事(外部サイト)