一時停止違反より軽いコロナ対策では効果がない 日本に倣いさらに先を行った欧州各国の規制を見習え

一時停止違反より軽いコロナ対策では効果がない 日本に倣いさらに先を行った欧州各国の規制を見習え

コロナとの戦いは詰めの段階に入った。マスクの徹底など手抜かりのないように規制をかけるべきだ

 欧州諸国の新型コロナウイルス(以後、コロナ)感染は、スウェーデンを除き、収まりつつある。

 感染爆発時には、1日の感染者数が、英国(6000〜9000人)、ドイツ(4000〜7000人)、フランス(5000〜7000人)、スペイン(6000〜9000人)、イタリア(4000〜6000人)であった。

 軒並み日本の400〜700人の約10倍だったものが、現在では数百人規模に減少し、日本が200人前後で推移していることに比べると、大幅な減少になっている。

 そして、欧州諸国では、都市封鎖から徐々に経済活動を再開し始めた。

 前述の欧州各国では、移民などの外国人が占める割合が約6〜10%である。移民の居住区の生活空間は悪く、犯罪も多い。

 感染予防対策の統制が行きわたりにくい中で、よくここまで抑えられたものだ。

 さて、日本はどうだろうか。感染者や死者の総数が、日本は、欧州や米国よりもはるかに少ない。

 PCR検査要領に影響を受けない死者の数値を見ると約10分の1から40分の1だ。この数字を見て、日本の政策や日本人の取り組みは正しかったと言える。

 だからといって、現段階でも正しい、そして安心だとは言えない。

 コロナ対策の最後の詰めの段階になって、経済を動かし始めた時に、最後の詰めの方策が上手くいってはいないからだ。

関連記事(外部サイト)