人は石垣、人は城、人は堀 成長する中小企業の人材採用術とは

人は石垣、人は城、人は堀 成長する中小企業の人材採用術とは

人は石垣、人は城、人は堀 成長する中小企業の人材採用術とはの画像

これは地方の小さな「弁当屋」を大手コンビニチェーンに弁当を供給する一大産業に育てた男の物語である。登場人物は仮名だが、ストーリーは事実に基づいている(毎週月曜日連載中)

前回の記事はこちら(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62992)

平成8〜10年:49〜51歳

 社長になって間もない、或る日の日曜日。

 前日の深夜から現場に入っていた恭平は、仕事が一段落したのを機に昼過ぎに帰宅し、リビングで一人の少年に出会った。

 小柄な少年は、恭平の長男・謙祐の1学年上級の友だちで4年生だった。

「おっ、いらっしゃい」

 声を掛けた恭平に、顎を突き出し見上げるようにして、少年が問うた。

「おじさん、おじさんは社長ね?」

「ん、あぁ、社長だよ」

「ふ〜ん。儲かっとるん?」

 不意を衝かれ戸惑いながらも、恭平は真剣に考え、正直に答えた。

「えっ。う〜ん、余り儲かっとらんな」

「なんじゃあ、儲かっとらんのんね」

 小馬鹿にされたような反応を小さく笑いながら、恭平は訊ねた。

「お前のお父さんは、何をしとるんや?」

「父さんね。父さんは、広島で一番儲かっとる会社に行きようるんよ」

(あぁ、この少年は、自分の父親が自慢なんだ…)

 恭平は妙に嬉しくなり、重ねて訊いた。

「どこの会社が、広島で一番儲かっとるんや?」

「中電よ、父さんは、中電に行きようるんよ」

「ほうか、中国電力で、何しようるんや」

「課長よ!」

「なるほどのぅ、お父さんは偉いんじゃの」

関連記事(外部サイト)