第3波でまた「時短要請」、それしか対策はないのか ガダルカナルと酷似するコロナ対策、責任逃れの構図が鮮明に

第3波でまた「時短要請」、それしか対策はないのか ガダルカナルと酷似するコロナ対策、責任逃れの構図が鮮明に

第3波でまた「時短要請」、それしか対策はないのか ガダルカナルと酷似するコロナ対策、責任逃れの構図が鮮明にの画像

(作家・ジャーナリスト:青沼 陽一郎)

 新型コロナウイルス感染拡大の「第3波」がやって来た。

 PCR検査が拡充したとはいえ、連日の感染者数の増加は、これまでの最高を記録している。

 感染拡大抑止には人の移動を止めること、飛沫感染防止にはマスクが最適、と専門家が指摘しているのに、Go Toトラベルを推し進め、あえてマスクを外すGo Toイートで経済を回していこうというのだから、感染が再拡大しても不思議ではない。

 政府は、感染拡大の著しい北海道札幌市と大阪市を目的地とする旅行をGo Toトラベルの対象外とし、その後付けに菅義偉首相が札幌市と大阪市を出発地とする旅行を差し控えるように要請している。そのキャンセル料も負担するという。

 連日500人を超す感染者を出して過去最高を記録した東京都では、11月28日から20日間、アルコールを提供する飲食店とカラオケ店の営業時間を夜10時までに短縮するように要請した。

第1波、第2波のときと同じ「時短要請」しかなす術なし

 またか・・・。そう辟易するのは、飲食店経営者だけではないはずだ。

 時短要請は、これで3回目になる。有り体に言えば、第1波、第2波の対策にやったことと同じだ。つまり、感染拡大が顕著になれば同じことを繰り返して、感染が抑止するのを待つ。それで感染者が減れば、また要請を解除する。そんなイタチごっこが続く。

 私は以前から、経済を優先するのか、感染拡大防止を徹底するのか、目的の曖昧さと二重性は、75年前の敗戦へと戦局を大きく変えたミッドウェー海戦の失敗に通じると書いてきた。

(参考記事)曖昧なコロナ対策、行き着く先はミッドウェーの失敗
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61452

 やはり、持ち直したかに見えた経済も、これで再び停滞する。元の木阿弥。コロナ禍から抜け出せない精神的ストレスも増す。

 だが、今回は「第3波」と聞いて思い浮かぶのは、ミッドウェーの海戦ではない。ガダルカナル島の戦いだ。

関連記事(外部サイト)