制裁逃れ明白、北朝鮮の軍備近代化が急ピッチ おさがりのポンコツだらけだった戦車やミサイルが最新鋭に

制裁逃れ明白、北朝鮮の軍備近代化が急ピッチ おさがりのポンコツだらけだった戦車やミサイルが最新鋭に

制裁逃れ明白、北朝鮮の軍備近代化が急ピッチ おさがりのポンコツだらけだった戦車やミサイルが最新鋭にの画像

 国貿易協会の統計や関係者によると、中朝貿易は、今年1〜10月の累計貿易額が前年同期比約76.0%減少し、「北朝鮮は10月でも国境封鎖をしていて、貿易を事実上停止した状態である」という。

 韓国の国会議員は国会で、北朝鮮(以後、北)は、原材料搬入が中止された影響で、産業稼働率が金正恩政権発足以来最低水準となり、「制裁、新型コロナウイルス、水害という三重苦だ」と説明した。

 だが、私は、北が高価な近代的な兵器を装備し始めていることから、「北が三重苦である」という説明に疑問を感じている。

 実際は、三重苦であっても、地上軍の近代化を進める余裕がある。そうでなければ、絶対に近代化を進めなければならない必要があるのであろう。

数十年間もポンコツだった地上軍の兵器

 中国による国連の対北制裁決議の違反が常態化している。

 米政府は、中国が制裁違反を繰り返し、露骨な手口も目立っているとし、懸念と苛立ちを強めている。米国は、北への制裁が崩れかけていて効いていないと見ているようだ。

 私は、10月10日の党創立75周年の軍事パレードを見て分析した。そして、新型の高額な地上軍兵器が多数出現したことが判明した。

 新型の軽装甲機動車、装甲歩兵戦闘車、戦車、防空ミサイル、対戦車ミサイルなどだ。

 30〜50年も全く変わらなかった地上軍兵器が、今年になってこれほど多く出現したのは、かつてなかったことだ。

 なぜなら、これまでは、旧ソ連や中国の地上軍が使わなくなった古い兵器のおさがりが供与されてきたからだ。

関連記事(外部サイト)