ゲームストップ事件「個人がファンド破った」の幻想 大手ヘッジファンドを震え上がらせた個人投資家が見た天国と地獄

ゲームストップ事件「個人がファンド破った」の幻想 大手ヘッジファンドを震え上がらせた個人投資家が見た天国と地獄

ゲームストップ事件「個人がファンド破った」の幻想 大手ヘッジファンドを震え上がらせた個人投資家が見た天国と地獄の画像

(黒木亮・作家)

 1月下旬、ニューヨーク株式市場で未曾有の事件が起こった。

 SNS「レディット」の人気掲示板「ウォールストリートベッツ」に参加している個人投資家が大挙してビデオゲーム小売りチェーンの「ゲームストップ」(本社テキサス州、ニューヨーク証券取引所上場)の株を買って価格を暴騰させ、同社株をカラ売りしていたニューヨークの大手ヘッジファンド、メルビン・キャピタルが推定で45億ドル(約4759億円)もの損失をこうむったのだ。

マージン・コールに踏み上げという罠

 メルビン・キャピタルが巨額の損失をこうむったのは、カラ売りにともなうマージン・コール(追加証拠金差し入れ義務)に耐えられず、市場から高値で株を買い戻し、ポジションを手仕舞うしかなかったからと考えられる。

 これはFRB(米連邦準備制度理事会)の規則で、カラ売り実行時には、カラ売りした額の150パーセントの証拠金差し入れが義務付けられており、その後も100パーセント程度の証拠金を維持しなくてはならないからだ。個人投資家の買いで、ゲームストップ株が約26倍に暴騰したため、必要な証拠金の額も26倍に膨れ上がったのである。

 さらに他のカラ売り勢もあわてて市場から株を買い戻し、手仕舞いに走ったので、その買いがさらに価格を押し上げる「踏み上げ」という現象が起き、ますますカラ売り勢を締め上げる「ショート・スクイーズ」状態となった。

関連記事(外部サイト)