デーブ・スペクター「M-1暴言騒動以前に、女性審査員がたった1人なことに納得いかない」に「極めて全う」「正論」の声

デーブ・スペクター「M-1暴言騒動以前に、女性審査員がたった1人なことに納得いかない」に「極めて全う」「正論」の声

デーブ・スペクター「M-1暴言騒動以前に、女性審査員がたった1人なことに納得いかない」に「極めて全う」「正論」の声の画像

12月10日放送の女芸人No.1決定戦「THE W」(日本テレビ)でお笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹が優勝した。年末も近づき、総決算のようなお笑いバトル番組が放送される中、2日放送の「M-1グランプリ2018」(テレビ朝日)の暴言騒動が未だに話題になっている。

この件について多くの芸能人・著名人がコメントしているが、タレントのデーブ・スペクターさんは11日、自身のツイッターで「M-1審査員への暴言騒動以前に、お笑い番組やライブの客は9割以上女性」と指摘。続けて、

「スタジオの観客を見れば分かるがあえて男性を入れてない。だから芸人は若い女性に向けたネタをやる。それなのに女性審査員がたった一人な事に納得いかない」

と胸中を吐露した。

他の審査員は松本人志やオール巨人らベテランの男性芸人ばかり

騒動となった暴言は、今年のM-1決勝7位の「スーパーマラドーナ」武智さん配信のインスタライブだ。武智さんと昨年優勝の「とろサーモン」久保田かずのぶさんらが、審査員の上沼恵美子さんを「自分だけの感情だけで審査せんといてください」「更年期障害かと思いますよね」などと批判。

お笑い界の先輩に対して、女性蔑視とも取れる発言をした彼らについて、芸能界の中でも苦言を呈する人が多かったが、デーブさんは前述の通り、M-1審査について「女性が一人」であることを問題視した。

今年の審査員は上沼さんの他、オール巨人さん、松本人志さん、「サンドウィッチマン」富澤たけしさん、落語家・立川志らくさん、「ナイツ」塙宣之さん、「中川家」礼二さんの8人。女性審査員は1人だけだ。

これに対してリプライでは「極めて真っ当な意見」と同意の声が少なくなかった。またデーブさんは普段、時事ネタに関連したダジャレばかり投稿しているからか「デーブが正論をつぶやく事に納得いかない!」といった声も寄せられた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)