グラスに注ぎ足しながらビールを飲むのは「奇習と言っていい」 見直してほしい!飲み会の妙な慣習

飲み会の妙な慣習を指摘「ビールをコップに注ぎ足しながら飲む」「乾杯まで飲まない」

記事まとめ

  • ブロガーのらくからちゃさんはビールを飲み切る前に注ぎ足してくる慣習を指摘した
  • 「あのやり方は本当ビール不味くするし、『奇習』と言い切っていいんじゃないか」とも
  • 三浦哲哉准教授は乾杯するまで全員が飲み物に口を付けずに待つという慣習を指摘した

グラスに注ぎ足しながらビールを飲むのは「奇習と言っていい」 見直してほしい!飲み会の妙な慣習

グラスに注ぎ足しながらビールを飲むのは「奇習と言っていい」 見直してほしい!飲み会の妙な慣習

グラスに注ぎ足しながらビールを飲むのは「奇習と言っていい」 見直してほしい!飲み会の妙な慣習の画像

忘年会シーズンに突入し、飲み会が続いている人も少なくないだろう。仲間内のフランクな飲み会ならいざしらず、職場の飲み会では妙なしきたりや慣習が残っていることもある。

グラスが空く前に、誰かがビールを注ぎ足してくるのもその1つだろう。ブロガーのらくからちゃさんは12月15日、ブログで、「わたしが苦手なのは、まだ飲みきってもいないのに、ちょっとでも空きがでたもんなら『どうぞどうぞー』と継いでくる人の存在」と書いていた。

これ以上ビールを飲みたくないと思っていても、注ぎ足されたら飲まなければならなくなってしまう。ついつい飲んでいるうちにお腹が膨れたり、酔いすぎたりすることもある。

ビールが手元に来たらすぐに飲み始める「レスキュー・ビール」提唱する人も

ITジャーナリストの佐々木俊尚さんは、上記のブログを引用し、「コップに注ぎ足しながら飲むというあのやり方は本当ビール不味くするし、『奇習』と言い切っていいんじゃないかと思うけど、まだやってる人いるんですかねえ」とツイートしていた。

ビールを継ぎ足すと、せっかく冷えたビールとぬるいビールが混ざってしまい、いつまでたっても鮮度の高いビールが飲めないことになる。

他にも、乾杯するまで全員が飲み物に口を付けずに待つという慣習がある。ごく自然なことのようにも思えるが、青山学院大学の三浦哲哉准教授(映画批評)は12月18日、自身のツイッターで、このしきたりに苦言を呈した。

「私は『乾杯まで全員が飲まずに待つ』という習慣も勝手に捨てていて、来たら即飲み始めることにしている。どんなに偉い人物が臨席していてもである(中略)。ビールより偉い存在など酒席には存在しないからだ。乾杯を待って炭酸をみすみす逃すことが耐え難い」

三浦准教授によると、理想の飲み方は「プロが絶妙な泡でサーブしたグラスを、届いたら、さっとなるべく早く喉に入れる飲み方」だという。いつもプロが注いでくれたものを飲めるわけではないが、せめて炭酸が抜ける前に飲みたいということのようだ。三浦准教授は、手元に届いたビールをすぐに飲み始めることを「レスキュー・ビール」と名付けていた。

「主賓や家長の料理が来るまで誰も箸をつけずに待つ」振る舞いに違和感

三浦准教授は、続けて、

「ときたま見かけるのは、主賓とか家長の料理が来るまで、誰も箸をつけずに待つという図。仮にそういう気遣いが発動したのだとして、そこで『あ、すぐに食べてね、冷めるから、麺が伸びるから』と言えないのは完璧にダメだと私は思う」

ともツイート。主賓や家長に限らず、料理が揃うまで誰も手を付けないということは往々にしてある。しかし料理が冷めたり、麺が伸びたりしてしまう。せっかくの料理を美味しく食べるためには、届いてすぐに食べるのがよいのだろう。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)