「学校の開始時刻を遅らせて」 思春期の睡眠不足対策で、大学生がプロジェクト立ち上げ

「学校の始業時刻遅らせて」京都大学学生らが思春期の睡眠不足問題を周知

記事まとめ

  • 大学生が中心となり中学・高校の始業時刻を遅らせようというプロジェクトを立ち上げた
  • 思春期の生徒には最低でも8時間の睡眠時間が必要で、生活リズムも夜型化するという
  • 睡眠時間が増えると学業成績が上昇し病欠や授業中の居眠りが減少するとも

「学校の開始時刻を遅らせて」 思春期の睡眠不足対策で、大学生がプロジェクト立ち上げ

「学校の開始時刻を遅らせて」 思春期の睡眠不足対策で、大学生がプロジェクト立ち上げ

「学校の開始時刻を遅らせて」 思春期の睡眠不足対策で、大学生がプロジェクト立ち上げの画像

思春期の学生の睡眠時間を確保するため、中学・高校の始業時刻を遅らせようというプロジェクトが立ち上がった。その名も「始業時刻適正化プロジェクト」。中心メンバーは、京都大学の瀧本哲史・客員准教授が主催するゼミの参加学生だ。

同プロジェクトの公式サイトによると、思春期の生徒には最低でも8時間の睡眠時間が必要だ。しかし日本の高校生で8時間以上寝ているのは約1割のみ。男子生徒にいたっては約半数が6時間未満しか眠っていないという。

アメリカ小児科学会「思春期は23時前に寝て朝8時前に目覚めるのは難しい」

プロジェクトを中心になって進める、一橋大学経済学部の萩原峻太さんは、睡眠不足の影響についてこう説明する。

「睡眠不足だと、自殺の危険性が約3倍に高まったり、学業成績が低下したりしてしまいます。しかし睡眠時間が増えれば、学業成績が上昇し、病欠や授業中の居眠りが減少することがわかっているんです」

睡眠不足にならないよう、早寝が推奨されることが多い。しかし近年の研究結果によると、思春期には生活のリズムが夜型化することがわかってきた。そのため早寝ではなく、起床時刻を遅くする必要がある。

2014年にはアメリカ小児科学会が、

「思春期は(中略)23時前に寝て朝8時前に目覚めるのは難しい」
「8時半より早い始業時刻は睡眠不足や概日リズム変調を引き起こし、心身の健康に悪い影響が出る可能性があるため、もっと登校時間を遅くするなど工夫が必要である」

とする声明を発表している。現在、日本の公立高校では8時半前後に授業が始まるところが多い。しかし23時以降に就寝して8時間眠り、それから登校すると考えると、始業時刻は9時以降に遅らせてもよさそうではある。

講演会実施のためにクラウドファンディング 20万円以上が集まる

この問題にを周知するために、同プロジェクトは 1月6日に慶應義塾大学信濃町キャンパスで講演会を開催する。この講演会にロヨラ大学メリーランド校のエイミー・ウルフソン教授を招聘する予定だ。

現在、ウルフソン教授の旅費や滞在費に充てるため、目標金額50万円のクラウドファンディングを実施している。目標金額は50万円で、1月5日の午後11時が期限。12月28日現在、20人の支援者から21万1000円が集まっている。

支援の金額は3000円、1万円、3万円、10万円から選ぶことができる。リターンは講演会のレポートやハーブティーだ。法人には、組織向け睡眠改善プログラムのリターンがある30万円の支援プランもある。

講演会では、始業時刻の問題について周知するとともに、始業時刻を遅らせる学校を募る。萩原さんは「すでに数校に提案して興味を持ってもらっている。まずは一校への導入を目指す」と意気込んでいた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)