ユーミンの飼い犬「ロイ君」、1000円札を噛みちぎり反省「正月からやらかしてしまいました」

ユーミンの飼い犬「ロイ君」、1000円札を噛みちぎり反省「正月からやらかしてしまいました」

ユーミンの飼い犬「ロイ君」、1000円札を噛みちぎり反省「正月からやらかしてしまいました」の画像

歌手の松任谷由実さんが1月2日、ツイッターに投稿した画像が話題になっている。「明けまして、、正月からやらかしてしまいました」の一文と共に投稿された画像には、しゅんとした顔の飼い犬、ビーグル犬の「ロイ君」が映っている。顔の先には、ところどころ破れてくしゃくしゃになった1000円札。どうやらロイ君が噛みちぎってしまったようだ。

投稿は1月4日午前時点で2万件の「いいね!」を集めている。ネットではロイ君の申し訳なさそうな表情を微笑ましく感じた人が多いようで、「ロイ君反省してる〜めっちゃ可愛い」「愛くるしい」などのリプライが多数付いている。

「うちのは5000円札をやっつけてくれた」リプライ欄に同様の体験談集まる

犬を飼っている人からは、

「うちのは5000円札をやっつけてくれました」
「我が家のアンジェリーナもしょっちゅう反省です」

と、同様の体験をしたという声もあった。「これで500円は戻ってきました」と、噛みちぎられた1000円札と噛んだ犬の画像を添付する人もいた。

日本銀行では、損傷した現金を一定の基準で新しいお金と取り替えることが出来る。紙幣であれば、額面の3分の2以上が残存していれば全額、5分の2以上3分の2未満が残存していれば、額面価格の半額に引き換えとなる。手続きは日銀の本店・支店で受け付けていて、手数料はかからない。

ロイ君が噛みちぎった1000円札は、見たところ3分の2は残っていそうだ。ツイッターでも、銀行に行って取り替えてもらうよう勧める声が出ていた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)