はじめしゃちょー「アバンティーズ」エイジさんの死を悼む「僕にとって数少ない仲の良いユーチューバーの一人だった」

はじめしゃちょー「アバンティーズ」エイジさんの死を悼む「僕にとって数少ない仲の良いユーチューバーの一人だった」

はじめしゃちょー「アバンティーズ」エイジさんの死を悼む「僕にとって数少ない仲の良いユーチューバーの一人だった」の画像

人気ユーチューバーグループ「アバンティーズ」のエイジさん(22)が1月1日、亡くなった。所属事務所UUUMが4日に発表した。UUUMによると、エイジさんは休暇中に訪れたサイパンの海で高波にさらわれたという。事故当時、動画撮影は行っていなかった。

突然の訃報にファンたちからは「早めのエイプリルフールだって言ってよ」と、驚きと悲しみの声が上がっている。同じ事務所に所属するヒカキンやはじめしゃちょーも、ツイッターで悲しみをあらわにした。

ヒカキン「まだまだこれからって時に」、東海オンエアてつや「本物の天才の一人だった」

はじめしゃちょーは、

「僕にとっては数少ない仲の良いYouTuberの1人でした。エイちゃんとのLINEを見返すと、一緒にやりたい企画があるって話で終わってました。早い。若い。ご冥福をお祈りします」

と投稿。突然の死にやるせなさを滲ませた。

東海オンエアのてつやは、「会話を横で聞いていて、エイジが次の一言なんて言うのか予想するのが密かな趣味でした」と思い出を振り返る。当てられたことは一度もなく、「本物の天才の一人だったと思います」とエイジさんを称えた。水溜りボンドのトミーも「才能がありすぎたお前はたくさんの物を背負っていたと思う。ゆっくりしてください。エイジ、どうか安らかに」と悼んだ。

ヒカキンは「信じられないし、実感がない。でも、受け止めなくてはならない。まだまだこれからって時に。どうか、安らかに。エイジ、ありがとう」と呟いていた。

アバンティーズはエイジさん、そらちぃさん、ツリメさん、リクヲさんの4人で結成されたユーチューバーグループ。当時中学生だった4人がチャンネルをスタートさせ、「やってみた」系やドッキリなど、様々な動画を投稿していた。チャンネル登録者は約114万にものぼる。2018年12月にはtofubeatsさんプロデュースで、ソフトバンクとのコラボ曲のMVを発表したばかりだった。

エイジさんのツイッターには1月1日、「あけおめ〜」の一言と共に、空港の待合スペースらしき場所の画像が投稿されていた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)