2位はマツモトキヨシ、医療系職種の働きやすい企業ランキング「残業しても月に5時間もない」

2位はマツモトキヨシ、医療系職種の働きやすい企業ランキング「残業しても月に5時間もない」

2位はマツモトキヨシ、医療系職種の働きやすい企業ランキング「残業しても月に5時間もない」の画像

企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は12月17日、「医療系職種の働きやすい企業ランキング」を発表した。

医療系職種と一口に言っても、医師や歯科医師、獣医、看護師、理学療法士、薬剤師のほか、ケアマネージャーのような介護・ケア関連職、製薬会社の臨床開発職、医療事務など幅広い。人の健康や生命、福祉に携わる分野で、国家資格取得が必須条件になる職種も多く、それだけに社会的な信用も高い職業だ。現場では医療技術の進歩に伴うAIや介護ロボットなどの技術導入も進んでいて、それに対応できる知識やスキルを求められる傾向もある。

専門性が高く引く手あまたな一方、勤め先が人手不足の場合は激務になるイメージもあるが、実際に医療系職種として働きやすいのはどんな企業なのだろうか。「キャリコネ」ユーザーによる評価(総合評価)が高い企業トップ10は以下の通りだ。

1位イオンリテール「長期休暇を年間20日間必ず取れる」

1位:イオンリテール
〜地域の「かかりつけ薬局」として、大型商業施設内に260店舗以上展開〜

総合評価1位は、2018年2月時点で400店舗を構え、総合小売業を展開する「イオンリテール」だった。医療系においてはショッピングセンターで260店舗を超える「イオン薬局」を展開。施設内に誘致した医療施設からの処方せんの応需はじめ、OTC医薬品、健康食品、サプリメント、漢方など、買い物ついでに相談される多様なニーズに薬剤師が対応している。

目指すのは地域の患者に寄り添い、地域の健康づくりの拠点としての「かかりつけ薬局」だ。項目別では「ホワイト度」「休日」が1位になった。長期休日制度や育児休職、時短勤務制度、リ・エントリー制度(復職制度)などを導入。女性の両立支援に積極的だ。

「福利厚生は大企業だけあって充実している。長期休日年間20日間は必ずとれる(10日間×2または10日間×1、5日間×2)。住宅補助も付く(一律2万5000円)。残業は人件費の抑制のため基本的にしてはいけない。サービス残業にも厳しいと思います」
(薬剤師/20代後半女性/年収450万円/2012年度)

「病院か調剤薬局か勤務する場で大幅に給料が違ってくる。給料をとるか、将来の経験を考えて、比較的給料の安い病院勤務にするか……。仕事に慣れればやりがいのある仕事だが、世間の政治改革にもいろいろ影響を受けるし、新薬も多いので勉強しないとついていけないし、大変な面も多い」
(薬剤師/30代前半女性/年収500万円/2009年度)

2位:マツモトキヨシ
〜20年以上の歴史のある調剤事業で「かかりつけ薬剤師」を育成〜

マツキヨの略称で知られる「マツモトキヨシ」はドラッグストアのイメージが強いものの、調剤事業は20年以上の歴史がある。店舗では血液や口腔内環境の検査、サプリのオーダーメイドなども実施。また、検体測定室を設け生活習慣に関する測定や、その結果を見てのアドバイスも行っている。

OTC薬剤師研修の実施、社内研修で研修認定薬剤師の単位が取得できるようにする、毎年キャリア面談を行い希望部署や担当のヒアリングをするなど、成長しやすい環境づくりに注力している。項目別では「労働時間」で1位になった。小6まで育児時短勤務が利用できるなど、働きやすい環境づくりにも取り組んでおり、2018年には女性活躍推進法に基づく「えるぼし」の最高位認定も受けている。

「入社2年後から有給4日を含む連続休暇(6連休か、3連休を2回)を必ずとらなくてはいけないので、その機会にみんな旅行にいっています。とらなくてはならない、という意識が根付いているので、連休が取りづらいといったことはないです(ただし店の状況にもよると思いますが)。社内環境としては、今まで3店舗経験しましたが、接客業ということで、人と接するのが好きな仕事に熱い明るい社員が多い印象です。ポジティブで尊敬できる方々が多いです」
(薬剤師/20代前半女性/年収400万円/2009年度)

「人件費を抑える事が会社から求められているので、残業をすることはほとんどありません。どうしても残業しなければならないときは、上司に相談しなければいけません。実際、残業はほとんどなく、残業したとしても、ひと月に5時間もありません」
(薬剤師/20代後半女性/年収600万円/2015年度)

3位:ベネッセスタイルケア
〜介護事業20年。有料老人ホームなど全国300以上の高齢者向け施設を展開〜

介護事業と保育・学童事業を展開する「ベネッセスタイルケア」。介護事業では20年の実績があり、全国300以上の有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などを運営するほか、在宅介護事業や介護資格講座の開設等も行っている。無料の認知症セミナーの開催、介護スタッフによる介護技術講座など、地域貢献にも注力。家賃3万円の社宅制度、10万円の引越し支度金などがあるほか、家族の医療費補助、育児休職や復帰後の時短勤務、従業員向けの保育園など福利厚生は手厚く用意されている。項目別では「やりがい」が1位に。

「ベネッセグループだけあって、福利厚生には手厚いものがありました。配属拠点次第かとは思われますが、シフト調整さえしっかりすれば、有休取得はさほど困難ではありません。市販薬の自主購入費用を、申請書と共にレシート提出すると、年間上限5000円まで支給されます。生保・損保の掛け金については、年額1万円まで補助してもらえます」
(介護・ケア関連職/40代前半男性/年収216万円/2016年度)

「結婚祝い、入院見舞い、医療費、保険の補助やお休みも、大手ならではの一般的なお休みはしっかりあります。サービス残業も他の仕事と比較して少ないと思います。この職種ではお給料が高いほうなのだと思います」
(医療福祉関連/30代前半女性/360万円/2012年度)

4位:クオール
〜便利なコンビニ薬局や駅ナカ薬局など異業種コラボ店舗を展開〜

1992年に創業以来、処方せん発行元の医療機関と連携するマンツーマン型の「クオール薬局」を展開。全国で700超の店舗がある。異業種コラボにも積極的で、コンビニ併設型調剤薬局、駅ナカ薬局、家電量販店内店舗等も運営している。薬剤師の育成に力を入れ、研修制度も充実。独自のe-ラーニングを導入している。1年ごとに変更可能な選択型福利厚生制度や借上社宅制度、育児短時間勤務制度も用意されている。

「残業はあり、休みは店舗によるが私のところは薬局長がとてもいい人で休みの希望はほぼ通る。忙しいときは忙しいですが暇なときは暇で薬歴を書く時間も十分にあります。休日出勤は全くありません。日曜日に勉強会があれば交通費もくれますし、行っても行かなくてもいいという感じです」
(薬剤師/20代前半女性/年収430万円/2015年度)

「年齢に関係なく役職でしっかりと報酬がでます。若くして店舗の責任者になれば業界では給料はいいほうだと思います。その上の役職なら尚更です。残業も時期などで変わりますが、不正はないので健全な給料形態です」
(薬剤師/30代後半男性/年収750万円/2012年度)

5位:アインファーマシーズ
〜調剤薬局業界で店舗数・売上1位のアインHD傘下。4400人超の薬剤師が勤務〜

全国に1066の調剤薬局と、コスメ&ドラッグストア「アインズ&トルペ」を展開。ジェネリック医薬品の卸販売なども行っている。グループでは社員数9603人に対し4457人が薬剤師(※)。地域に根差した薬局として乳がんの早期発見のためのセミナー等を開催し、ピンクリボン活動に取り組むほか、薬剤師が医師と同行する在宅医療にも参画している。福利厚生では、1年に1度最長9日間の連続休暇、帰省旅費の補助や帰省休暇、49か所の契約保養所など、ワークライフバランスのための制度が用意されている。
※2018年4月末時点

「女性の多い会社のため、育児休暇などの福利厚生は手厚く感じられる。重点を家庭に置くなら、稼ぐこともできシフト等を考慮されるため良い点だと考えられる。全国に展開しているため、介護等で移動しないといけない場合でも、他店への異動が可能である点はメリット」
(薬剤師/20代前半男性/年収300万円/2014年度)

「特別休暇として最大9日間の休みが所得可能。大手のため、産休も確保しやすい」
(薬剤師/20代後半男性/年収400万円/2018年度)

6位スギ薬局「私の地区の薬剤師は仲が良く、フットサルチームを作っている」

6位:スギ薬局

「地区、そして店舗によって雰囲気は全く違う。私の地区の薬剤師は仲が良くて、フットサルチームを作っている。基本的に22時閉店の店舗がほとんどなので、23時開始で深夜の活動。送別会や歓迎会、忘年会も22時半以降開始がほとんど。夜型の生活になります。20代の社員がほとんどなのでとにかくみんな元気」
(薬剤師/20代後半女性/年収500万円/2011年度)

7位:日本調剤

「薬剤師という、ドクターや看護師とは違う立場から患者さんの健康に貢献できることに面白みややりがいを感じている。自分が担当する患者さんが徐々に良くなっている様子を実際に自分の目で実感できることは現場ならではのやりがいで、医療メンバーの一員として今後も自己研さんに励もうという気になる」
(薬剤師/20代前半男性/年収400万円/2011年度)

8位:ニチイ学館

「(女性の出世に関して)女性の職場だと思います。ですから、管理職を目指すことは十分に可能です(実際現在の職場、以前の職場、9割女性です)。管理職も8割女性です。ただ、しっかりとした医療知識だけでなく、たくさんの法規等の知識もかなり重要となるので、たくさん勉強が必要になると思います」(医療事務/20代前半女性/年収200万円/2008年度)

9位:ソラスト

「グループホームにて勤務しておりましたが、毎日レクリエーション等利用者様に楽しく過ごしていただくために考え実行することに面白みとときにネタ切れもありました。利用者様の笑顔をみるとやりがいを感じます。私たち職員の接し方によって利用者様の状況が良くもなったり悪くもなったりします。利用者様の行動、言動に必ず意味があるということを考えて接すると、だんだんとその人自身も見えてきます」(介護・ケア関連/20代後半女性/年収250万円/2016年度)

10位:日清医療食品

「配属される施設にもよると思いますが、私は恵まれた場所に配属されたので人間関係もよく、一から教えてくれているのでとても勉強になります。料理を作るようになってから作り方の手順を頭の中で考えながらできるようになってきたので今はとても達成感があります。とてもいい職場に巡り会えたと思います」(介護・ケア関連/20代前半女性/年収150万円/2015年度)

調査対象は『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に職種「医療系」のユーザーから10件以上の評価が寄せられた企業。対象期間は2014年4月1日〜2018年3月31日。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)