街で見かけた芸能人に声をかけるのってどうなの? 「いつも見てます」って言われるのは正直面倒臭そう

街で見かけた芸能人に声をかけるのってどうなの? 「いつも見てます」って言われるのは正直面倒臭そう

街で見かけた芸能人に声をかけるのってどうなの? 「いつも見てます」って言われるのは正直面倒臭そうの画像

僕は子供の頃から、人の集まる場が好きじゃない。ディズニーランドもヒーローショーも、ああいった陽気な場にいると、それだけで疲れてしまう。引っ込み思案でネガティブなのだ。だから、もしも目の前に、自分が好きな作家やタレントがいたとしても、きっと声はかけられないだろう。だって向こうからすれば「は? 誰コイツ」状態だし。

でも、そういう考えを持たずに「あ! ○○さんだ!」みたいなノリでガンガン話しかけることができる人もいるよね。ああいう人たちって凄くポジティブだと思えてならないし、ぶっちゃけちょっと羨ましい。(文:松本ミゾレ)

「見つけて話しかけられる人はコミュ力おばけ」

先日、2ちゃんねるに「街中で芸能人を見つけたら話しかけられるやつw」というスレッドが立っていた。スレ主は本文に「コミュ力おばけやろ」と一言。まさにこの言葉に尽きると、僕も思う。

僕のような人間は、たとえ街で好きな人を見つけても、その人物が知り合いでも、「あ、今話しかけるのは違うのではないか」と躊躇してしまう。だからもしエレベーターで、僕の大好きなデビッド伊東とかと乗り合わせても、伏し目がちで目的階に到着するのを、ただ黙って待つのみだ。

が、こういう性格はあまり得しない。好きな芸能人を発見したらガンガン話しかけられるほうが、やっぱり人生は楽しそうだ。スレッドには、こんな書き込みが寄せられていた。

「一回だけ買い物中の福本豊に声かけて写真とってもらったわ。気さくやった」
「南キャンの山里に『ラジオ聴いてます』って言えたな」

こんな感じで、結構芸能人に話しかけることができる人はいるようだ。

「もし愛想悪い対応されたら嫌いになっちゃいそう」

ただ、そうは言っても相手は有名人著名人。遠巻きに眺めるだけで、話しかけることはできないと人も多い。今度は、芸能人を発見しても話しかけられない、あるいは芸能人を見かけたけど、そのままスルーしてしまったという意見をいくつか引用したい。

「好きな芸能人に会っても絶対声はかけられないわ。もし愛想悪い対応されたら嫌いになっちゃいそうやし」
「クロちゃんみたけど話しかけられなかった」

もし話しかけることができても、嫌な顔をされるのはちょっとショックだ。自衛のために見なかったことにしようと考える人もいるわけで。どっちかと言えばこういう人のほうが多いんじゃないだろうか。芸能人とは言え、街にいる=プライベートの時間ってこともあるし。

というか、もしも僕が芸能人だったら、街をうろついていていちいち「いつも見てます」とか言われるのはダルいし、気が休まらないと思う。「もしも」考える人と、考えずにガンガン行く人。当の芸能人たちにとって好ましいのはどっちの対応なんだろうか。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)