「愛想笑いばかりしてたら薄っぺらな友人ばかり増えた」という大学生の悩み 一体何様のつもりなのか

「愛想笑いばかりしてたら薄っぺらな友人ばかり増えた」という大学生の悩み 一体何様のつもりなのか

「愛想笑いばかりしてたら薄っぺらな友人ばかり増えた」という大学生の悩み 一体何様のつもりなのかの画像

新年である。きっと今この時期、誰もが「ああ、仕事行きたくねえなぁ」とか思っていることだろう。しかし、仕事の何がイヤなのか。これは人それぞれだ。

単純に、業務内容、ノルマ、通勤がイヤだという人も多いだろうが、中には人間関係に嫌気が差している人もいるんじゃなかろうか。特に、愛想笑いが染み付いてしまったせいで、いてもいなくても問題のない「村人A」みたいになってしまっている人にとっては、この問題は重大だろう。

薄い人間関係は損も少ないが、誰にも本当に頼ってもらえないという意味もある。頼りにされない、頭数に入ることのない社会人は切ないものだ。(文:松本ミゾレ)

「愛想笑いで仲良くなってもプライベートには誘ってくれない」

先日、2ちゃんねるで新年早々、「人から好かれようと、愛想笑いばかりしてた結果www」というスレッドを偶然発見した。スレ主は現在大学生らしい。

このところ愛想笑いをするようになって、

「今までは深い友達が2人くらい 薄っぺらいのは0 始めてから深い友達0人 薄っぺらいのは6人」

と書いている。ちょっと分かりにくいが、愛想笑いするようになって、本当に仲の良い友達が減り、上辺だけの友達ばかりが増えた、ということなのだろうか。彼はそういった経緯を経て「どっちが正解だったんだろう。大学で(愛想笑いをするようになって)仲良くなっても、プライベートには誘ってくれない」と嘆いている。

ただ、なんというか読み進めているとこのスレ主、なんだか中ニ病っぽくも見えてしまう。

「自分の本性が普通の人とだいぶズレてる」とか、「本性隠して愛想笑いしている」とか、なんかこう、まだ若いんだろうけど、イタい。極めつけは、聞かれてもないのに「高校時代に修学旅行を脱走したり、KY発言連発したり、文化祭でイラついて展示物破壊した」みたいなことを書き込んでしまっているところで、なんだかこちらが恥ずかしい。

周囲の人間を「薄っぺらい」扱いする不遜な態度はどうなのか

ところでこのスレ主は、以前大学デビューを目論んでSNSをやってみたという。そこで自分とそこら辺の大学生との"格差"に遭遇したそうだ。

たとえば、「クリスマスで家に集まってパーティーしたり、飲み会言ったり、遊園地いったりサークルで打ち上げしたり」といった大学生らしい活動を挙げている。彼は、こういったことに無縁のようで「劣等感を感じて最高に病んでる。なにやってんだ自分ってね」と書いている。

だからこそわざわざ「人から好かれようとして愛想笑いを〜」みたいなスレッドまで立てているんだろうけど、まずやり方と考え方がおかしいと思う。愛想笑いをしている自分に話しかけてきてくれた人を、薄っぺらい友人扱いするのは、どう考えても不遜だ。

薄っぺらく見えるのは、まだそこまで親交が深まってもないからで、むしろヘラヘラ笑ってるだけの、大学デビューもできてない奴に話しかけてくれた周囲が偉いという話だ。

言わせてもらうと「何が"薄っぺらい奴ばかり"だ」という心境である。愛想笑いなんかしなくても、面白いだとか、イケメンだとか、そういう魅力を持つ人間は、自然と周囲に人が集まるものだ。

そういった武器のない人間は、飲み会なり何なりに参加して、友達になろうと能動的にアクションを起こすのが一番だ。それが面倒なら、黙ってればいいだけなのである。

友人を作るための努力も対してやらず、ヘラヘラと愛想笑いをし、話しかけた人を内心で「薄っぺら」扱いするような生意気な人間と、誰が仲良くしたいのか。周囲の環境は常に、自分の行動で変化する。友人が周囲にいないのは、人を引き付ける力が当人にないこと以外に理由はそう多くない。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)