ZOZO前澤社長のお年玉キャンペーンで「ニセ前澤」アカウントが続々発生! 社長が注意喚起「キャンペーンはここのみで展開中」

ZOZO前澤社長のお年玉キャンペーンで「ニセ前澤」アカウントが続々発生! 社長が注意喚起「キャンペーンはここのみで展開中」

ZOZO前澤社長のお年玉キャンペーンで「ニセ前澤」アカウントが続々発生! 社長が注意喚起「キャンペーンはここのみで展開中」の画像

1月5日から始まった、ZOZOの前澤社長による「総額1億円のお年玉」キャンペーン。7日午後には400万件のリツイートを超え、リツイート件数の世界記録を更新した。

前澤社長はこの人気ぶりに同日、「皆様のおかげです。感謝感謝 もうここまできたらお祭りだー!!!まだ参加間に合います!」とツイート。同時に、

「偽アカウントが複数発生中です。僕のお年玉キャンペーンはここのみで展開中です」

と注意を呼びかけた。

「サブ垢」「キャンペーン用アカウント」などと記載し本物を偽装

ツイッターで「前澤友作」や「ZOZO」の文言が入ったアカウントを調べてみると、キャンペーン後に意図的に作られたと思しきアカウントが10個以上見つかる。前澤社長と同じアイコンで、プロフィール欄に「プレゼント企画キャンペーン用アカウント」や「サブ垢」と記載してあるものもある。前澤社長が掲載したものと同じ画像を使い、

「現在とても多くのRTにつき、本垢だけでは1/7までに全てのフォロワーの把握が難しいので、こちらのサブ垢で急遽対処することになりました。この垢をフォローとRTしてください!把握の為にすみませんがお願いします」

と呼びかけるアカウントもあった。

昨年や一昨年に作られたアカウントの中にも、前澤社長と同じ文言でキャンペーンを周知、リツイートを促しているものがあった。あるアカウントは7日16時頃に300件以上リツイートされていた。

偽アカウントのいくつかは一時的に凍結されているが、まだ動いているアカウントもある。キャンペーンに参加する場合はアカウントIDをよく確認し、本物かどうか注意したいところだ。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)