職場の謎ルール「PCは贅沢品、勤続3年以下は使用禁止」「弁当の蓋は、社長が開けるまで待つこと」

職場の謎ルール「PCは贅沢品、勤続3年以下は使用禁止」「弁当の蓋は、社長が開けるまで待つこと」

職場の謎ルール「PCは贅沢品、勤続3年以下は使用禁止」「弁当の蓋は、社長が開けるまで待つこと」の画像

当然ながら、職場によって異なるさまざまなルールがある。許容できる内容ならいいが、中には常識外れな決まりがあり、働く人を困惑させている。今回はキャリコネニュース読者から寄せられた「職場の謎ルール」を紹介する。

営業職として働く20代男性は、

「新入社員にパソコンは贅沢なので勤続3年を超えないとパソコンに触らせてもらえない」

という。パソコンを使えない状態で3年間もどんな仕事をするのだろう。勤続1年で電卓を使う権利を与えられるが、電卓は実費で用意する。1年間は電卓が使えない上、業務で使用するものが実費とは中々つらいものがある。

「トイレは30秒まで」「今は会社の成長期だから、有給は使わせない」

管理・事務職に従事する50代女性は、会社の飲み会の翌日は必ず、

「全員揃って『社長!昨日は大変ご馳走になりました!ありがとうございました!』と大声で叫びながら角度90度の最敬礼」

の決まりがある。なお「ルールを破った人は誰もいないため、罰則は不明」というのだから闇は深そうだ。

管理・事務職として働く30代女性の勤務先では、「昼食は会社の支給する弁当しか食べてはいけない」。その上、弁当は全員揃って食べなければならず、「弁当の蓋は社長が開けるまで開けてはならない」のだという。ほかには、

「今は会社の成長期だから、有給は使わせないと社長が幹部会で公言していたこと」(営業、40代男性)
「トイレは30秒まで」(販売・サービス業、70代男性)

といったルールも寄せられた。

「12時間労働で定時。外回りからそれより早いと『早いな、仕事したのか?』」

大企業で営業職をする20代男性の職場には「上司の仕事が終わるまで帰れない」というルールがある。その後ミーティングが行われるが、仕事が終わって1時間半ほど待つこともよくあるという。さらに社内には

「上司を駐車場まで見送らなければならない。上司の退社時間になると作業をやめて見送る」
「出勤後30分は事務作業を行うため、その間はタイムカードを通せない」
「12時間労働で定時。外回りからそれより早く帰社すると『早いな、仕事したのか?笑』と問われる」

などの暗黙のルールがある。これらについて男性は「大企業の謎ルールでした」としているが、ブラック企業の特徴と言っても過言ではない。男性は「働き方改革が進む中、企業は組織を見直して謎ルールを少しでも減ればと願います」とコメントしている。

本来ルールは、従業員の就労意欲を高めたり、働きやすくしたりするためにつくられるべきものだ。ここで取り上げたものは一体誰を幸せにするのだろうか。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)