カラオケ「まねきねこ」が9月から全室禁煙に 「分煙だとタバコ臭が残っていることがあるので完全禁煙は嬉しい」と好評

カラオケ「まねきねこ」が9月から全室禁煙に 「分煙だとタバコ臭が残っていることがあるので完全禁煙は嬉しい」と好評

カラオケ「まねきねこ」が9月から全室禁煙に 「分煙だとタバコ臭が残っていることがあるので完全禁煙は嬉しい」と好評の画像

コシダカは1月15日、全国展開するカラオケ店「まねきねこ」525店舗を2019年9月1日から全室禁煙とすると発表した。ただし、喫煙者は喫煙スペースでタバコを吸うことができる。

同社では2016年から、東京・神奈川・埼玉・千葉の「まねきねこ」で全室禁煙としていた。これ以外の地域でも新規オープン店やリニューアルオープン店は全室禁煙にしていた。

壁や天井、エアコンに染み付いた汚れを取り除くリニューアルも実施

首都圏の店舗を全面禁煙にしたところ、利用客からは、

「実際部屋に入室してみると、タバコ臭さは皆無だし消臭剤の臭いもなく快適」
「分煙だとタバコ臭が残っていることがあるので、完全禁煙はうれしい」
「家族連れに何よりうれしいのは、全室禁煙ということ」

といった歓迎の声が寄せられたという。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて受動喫煙対策が進む中、全室禁煙に踏み込む。

全室禁煙にするにあたっては、今まで喫煙可だった部屋を禁煙に変更するだけでなく、壁や天井、エアコンに染み付いた汚れを取り除くという。タバコの有害物質を除去することで「三次喫煙」を防ぐ狙いだ。

同社はこれまでも割り箸の廃止、樹脂製食器の導入、プラスチックストローの廃止、タバコを吸わない従業員にボーナスを加算するなど、様々な取り組みを行ってきた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)