大麻所持で逮捕された人気ユーチューバーの1億回再生動画がシュールすぎる 「何が面白いのかわからない」という声も

大麻所持で逮捕された人気ユーチューバーの1億回再生動画がシュールすぎる 「何が面白いのかわからない」という声も

大麻所持で逮捕された人気ユーチューバーの1億回再生動画がシュールすぎる 「何が面白いのかわからない」という声もの画像

愛知県警豊田署は1月21日、人気ユーチューバー「AAAjoken」として動画を投稿していた城ノ下航容疑者(33)を大麻取締法違反容疑で逮捕したと発表した。12日、乾燥大麻約31グラム(末端価格約18万6000円)を所持した疑い。報道によると、本人は容疑を否認しているという。

城ノ下容疑者はユーチューブに子供向けに、おもちゃで遊ぶ動画を投稿する人気ユーチューバーだった。登録者数はメインチャンネルの「AAAjoken toys」の300万人、サブの「Miniature Space」は290万人。ユーチューバーとしての年収は1000万円以上だった、という説もある。

市販のガムを大きさや色別に分類する12分の作業動画

城ノ下容疑者の動画で一番再生されていたのが2017年8月に投稿された「発売しているガムを集めてみた!Gum balls of various sizes」だ。23日13時30分時点で1億165万回再生されている。

内容は標本箱のような7×5枠に仕切られた箱に、市販されているガム(一部チョコレートなど)を大きさ色別に分類していくというものだ。BGMはあるものの、ガムを容器から取り出したり仕分けたりするときの音のみで、一言も話さない。普通の大人が見るとかなりシュールだ。

動画は1枠だけ何も入っていない状態で終了となっている。合計12分7秒。コメント欄はほとんど外国語だ。英語、フランス語、スペイン語、中国語のほか、ロシア語やタイ語のようなものもある。「いいね」「きれい」などと評価する書き込みもあるが、恐らく世界中の子どもたちが見ているのだろう。日本のユーザーからは「何が面白いのかわからない」といった声も出ていた。

21日に公開された最新のおもちゃ動画のコメント欄には、「こんなほんわかした動画あげてるのに」「(大麻所持で逮捕は)ギャップやばすぎ」といった声が寄せられている。

ミニチュア料理動画には「素敵でずっと観てたいた。残念」の声相次ぐ

極小サイズのミニチュア料理をテーマにしたサブチャンネル「Miniature Space」も人気だった。最も再生されたのは「食べれるミニチュア ガトーショコラ」で3776万回。他にもカレー、ハンバーグ、唐揚げなども作っており、かなりクオリティが高い。こちらは大人でも楽しめそうだ。21日投稿動画のコメント欄には、

「食べれるミニチュアカレーライスの動画からずっと見てたんですが、とても残念です 素敵な動画だったのに」
「ミニチュアすごい好きだったけどもう見れないのかな?って思うとすごい残念」

といった声が多く上がっている。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)