人気YouTuberラファエル、アカウント停止理由を改めて説明「ユーチューブは年々ルールが厳しくなってます」

人気YouTuberラファエル、アカウント停止理由を改めて説明「ユーチューブは年々ルールが厳しくなってます」

人気YouTuberラファエル、アカウント停止理由を改めて説明「ユーチューブは年々ルールが厳しくなってます」の画像

人気ユーチューバー・ラファエルさんのチャンネルアカウントが1月22日、削除される騒動があった。【※関連 ラファエル、アカ停止は「5000万円の損失」】

同日、サブチャンネルに謝罪動画をアップしていたが、24日には自身のブログで改めて削除の理由を説明した。ブログによると、「ユーチューブのルールを違反したのが原因」といい、

「ユーチューブは実はルールが凄く厳しく年々そのルールも厳しくなってます。そのガイドラインに違反した動画が多く今回のような結果になりました」

と語った。ラファエルさんが投稿していた動画でいうと、アダルト系のものや、身体に影響を及ぼすような危険な動画などが該当する。

今までの動画は「何かしらのプラットフォームで配信予定」

これについて「僕のメインのキャラであり得意分野です」というが、行き過ぎた動画は子どもなど一部視聴者に悪影響を与えるとしてユーチューブでは禁止されている。これまでの活動を振り返り、

「ボクシングのルールの中、僕はタックルや蹴りを使ってるようなもので、ルールを逸脱して勝っても(数字を取る)今になって考えるとカッコいいことではなく胸を張ってやれる仕事やサービスではないと思います」

と反省している。以前のような動画を作成するのであれば、利用規約に反しないプラットフォームで行うとしている。今までの動画は「ほとんどが大人にウケ、面白い動画であることは間違いない」として、「何かしらのプラットフォームで配信予定」と説明した。

今後、ユーチューブに投稿する動画は「シンプルにルールの中でエッジの効いた面白い動画を出していこうと思います」と記載。今回の件でファンや視聴者らに迷惑をかけたとして「こういう形で話題(炎上)は今後ないようにしようと思います」と述べた。

ラファエルさんは22日に謝罪動画で「人々に迷惑をかけることなく、エロ系や怪しい企業案件は一切やりません」「過激な動画は一切やめ、クリーンで家族の方がそろって夕飯時に観られるようなチャンネルを目指します」と宣誓している。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)