日本が他国に学ぶべきだと思うこと「労働時間の見直し」「頭おかしい校則多すぎ」

日本が他国に学ぶべきだと思うこと「労働時間の見直し」「頭おかしい校則多すぎ」

日本が他国に学ぶべきだと思うこと「労働時間の見直し」「頭おかしい校則多すぎ」の画像

日本生産性本部が昨年発表した調査によると、日本の労働生産性はG7の中で、47年連続で最下位だった。日本は戦後の高度経済成長から先進国の仲間入りをして久しいが、このままでは名乗り続けるのがおこがましくなりそうだ。持続していくためには、他国から学ぶ姿勢も必要とされる。

ガールズちゃんねるでは1月23日、「日本が他国に学んだ方がいいことはある?」というスレッドが立っていた。スレッドには働き方や風習など、あらゆる分野の改善要望が集まった。(文:石川祐介)

「レジ打ちのところにイスつければいいのにってずっと思ってる。座ってても良くない?」

コメント欄には、「新入社員でも発言が出来る空気感」、「年功序列とかいらん」と、上下関係を撤廃し年齡に関係なく力が発揮できる職場づくりをしてほしいという意見が散見された。勤続年数が長いという理由だけで出世した上司に、辟易している人は多いのだろう。

病気にかかっても出社しなければいけない企業があることや、職種によって融通がきかない働き方を強いられている人が多い現状を指摘する声もあった。

「レジ打ちのところにイスつければいいのに!ってずっと思ってる。座ってても良くない?」
「日本人がマスク好きなのは、病気でも電車乗って仕事行く人がいるからですよね」
「労働時間の見直し。日本では家族との時間何か殆ど取れないし、海外のように仕事終わりにカフェとか夢の又夢だわ」

男性が育児休暇を取得しやすい環境の整備を改めてほしいと願う人も少なくない。

「出る杭は打たれるみたいな個性を認めないところ」と、画一的な人間が良しとされる現状への不満も出ている。教育方針に関する声も多かった。

「日本は、勉強の出来ない教科をもっとできるように勉強させるけど、海外は出来る教科をもっと伸ばす教育らしい」
「性教育で作り方は教えるけど、具体的な性病の危険、高齢出産の弊害とか教えない」
「私の学校は九州の某進学校だけど、生活点検では、教師にブラジャーの色までチェックされていたよ。白かパステル色以外は不合格。そのほかにも眉毛のムダ毛整えたら反省文とか、頭おかしい校則多すぎ」

「デンタルケアもエチケットなのに日本人は無関心な人多すぎる」、「日本人は世界的にも先進国の中で歯並び汚いって言われてるよね」など、口周りのケアへの意識を高めるべきだというコメントも非常に多かった。

スレッドで挙げられた項目はどれも、長く日本で言われ続けているにもかかわらず改善がされていないことばかりだ。働き方や多様性の受容などの面では、日本はまだ発展途上なのだろう。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)