ヒカキン新居公開、初期費用は数千万円「ランボルギーニ余裕で買える」「家賃15か月分」 憧れのマンション2部屋賃貸

ヒカキン新居公開、初期費用は数千万円「ランボルギーニ余裕で買える」「家賃15か月分」 憧れのマンション2部屋賃貸

ヒカキン新居公開、初期費用は数千万円「ランボルギーニ余裕で買える」「家賃15か月分」 憧れのマンション2部屋賃貸の画像

ユーチューバーのヒカキンさんが2月6日、動画で新居を公開した。新居は「ずっと住みたいなと見上げていたマンション」で、ちょうど隣接した2部屋が開いていたため両方借りたという。

広さは前の部屋の約2倍だが、家賃は「3倍くらいになっています」。初期費用については「2部屋借りたんで驚愕の引越し費用」といい、

「敷金・礼金仲介、手数料、初月家賃合わせると部屋の家賃とか合わせると、部屋の家賃15か月分とかを納めないと住めないんです。例えると、ランボルギーニは余裕で買えるくらいかかったんだよね」

と明かした。高額な初期費用については、「ほとんどが敷金。後で帰って来るお金が多いので気にしない」とコメントしている。

ランボルギーニは2000万円以上するが、ヒカキンさんは2018年12月にタワーマンション最上階の3LDKの部屋を借りたものの使用せず、数百万円もの家賃を払い続けていた。家賃15か月分の支払いも痛くはないのだろう。

「エアコンはリビングに4つ。脱衣所にもついている。床暖房完備」

新居は1部屋3LDK。2部屋借りているため、「6LLDDKK」になるとしている。内訳は洋室6部屋、リビング2部屋、キッチン2つ、ダイニング2部屋、さらにトイレ4つ、お風呂2つ、クローゼット・倉庫が5つある。

また窓から見える景色について「めちゃめちゃいい景色。東京が一望できる。東京タワーとスカイツリーが見える」と語った。飼っている猫2匹はすでに部屋に慣れたようで、窓の外から夜景を見下ろし、「ずっと動いてる車や人を見ている」という。

2部屋に付いているエアコンは合計17機で、「リビングに4つ、脱衣所にもついている」という。床は「白い大理石」で、全ての部屋に床暖房が完備で、お風呂はジャグジー、テレビ、浴室乾燥などがある。自らを「風呂好き」というヒカキンさんも満足の設備だ。

現在、1部屋は動画撮影で使用するリビング、寝室として使い、もう1部屋は動画編集部屋、筋トレ・漫画部屋、ブランド品部屋としている。まだ荷解きは終わっていないが、「今日が締切の編集もある」と早速仕事に取り掛かる多忙っぷりが垣間見えた。

新居については「30歳になる年の新居 新鮮な新しい動画を作れれば」とコメントしている。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)