定額で全国どこでも住み放題サービスが登場! 月額4万円から、首都圏、静岡、群馬、福井、徳島、鳥取の11拠点提供 

運営会社アドレスが全国どこでも"定額住み放題"サービス 光熱費など含め月4万円から

記事まとめ

  • 全国どこでも"定額住み放題"というサービスが4月から開始される
  • 登録拠点であれば全国どこでも定額制で利用でき、料金は光熱費などを含め月4万円から
  • 第一弾として東京都品川区・渋谷区、神奈川県鎌倉市など計11拠点を提供する

定額で全国どこでも住み放題サービスが登場! 月額4万円から、首都圏、静岡、群馬、福井、徳島、鳥取の11拠点提供 

定額で全国どこでも住み放題サービスが登場! 月額4万円から、首都圏、静岡、群馬、福井、徳島、鳥取の11拠点提供 

定額で全国どこでも住み放題サービスが登場! 月額4万円から、首都圏、静岡、群馬、福井、徳島、鳥取の11拠点提供 の画像

全国どこでも"定額住み放題"というサービスが4月からスタートする。シェアハウスとコアワーキングスペースを一体化した「コリビング」を使ったサービスで、登録拠点であれば全国どこでも定額制で利用できる。運営会社のアドレスは2月18日、優先会員募集を開始した。

同社は"定額で住み放題"をうたうサービスを「サフブスクリプション型の多拠点居住のシェアサービス」としている。料金は年会員48万円、月会員5万円、法人利用8万円〜となる。1個室の連続予約は1週間までで、1度にできる予約の上限日数は14日間となる。

光熱費、Wi-Fi、アメニティ利用、清掃代含めて月4万円から

サービスは2019年4月から開始予定。第一弾として東京都品川区・渋谷区、千葉県南房総市・一宮市、神奈川県鎌倉市、静岡県賀茂郡南伊豆町、群馬県吾妻郡、福井県三方郡美浜町、徳島県美馬市・三好市、鳥取県鳥取市の計11拠点を提供する。

各拠点で個室を用意しているが、リビング・キッチン等は共有となる。空き家や別荘を活用することでコストを抑え、料金には光熱費(一部物件は別途)、Wi-Fi、共有の家具やアメニティの利用、共有スペースの清掃代も含まれる。

またアドレスの物件に加え、「ハンモサーフィン協会」の全国19拠点にある共同別荘に泊まり放題(月4万5000円)、NPO法人芸術家の村が運営するゲストハウス「Little Japan」に日曜日から木曜まで宿泊(月5万円)できるプランもある(両方追加は月5万5000万円)。

働き方やライフプランが多様化する中で、生活拠点を気軽に変更できるというのがポイントだ。また同社は地方拠点について「短期的な観光ではなく、関係人口の増加による消費・地域活動を通した地域の価値を高めることにもつなか?る」としている。

会員同士だけでなく地域住民との交流の機会も提供し、さまざまな地域で新たなコミュニティに出会えるのも魅力のひとつだ。

優先会員は18日からクラウドファンディングで募っており、1日で目標金額200万を上回る360万円6000円が集まった(19日15時現在)。

受付は3月19日まで。リターンとして「アドレス第1期年間個人会員権(ANA往復チケット付き)」(44万円)、「アドレスお試し1か月個人会員権」(5万円)、「アドレス日中利用券5回分」(8000円)などが用意されている。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)