転職者の平均年齢31.7歳 転職が多い業界は20代「サービス」「営業」「事務」、30代「専門職」「クリエイティブ」「企画・管理」

転職者の平均年齢31.7歳 転職が多い業界は20代「サービス」「営業」「事務」、30代「専門職」「クリエイティブ」「企画・管理」

転職者の平均年齢31.7歳 転職が多い業界は20代「サービス」「営業」「事務」、30代「専門職」「クリエイティブ」「企画・管理」の画像

転職サービス「doda」は2月18日、「転職した年齢」に関する調査結果を発表した。調査は2007年7月〜2018年12月に実施し、dodaエージェントサービスを利用したビジネスパーソン約18万人から回答を得た。

転職成功者の平均年齢は31.7歳。前回調査(2018年上半期)の31.6歳から0.1歳アップした。

女性の転職平均年齢 過去2番目の高さで「29.8歳」

男女別に見ると、男性の平均年齢は前回と同じく32.4歳で、女性の平均年齢は29.8歳(前回比プラス0.1歳)だった。2007年の調査開始以降、女性の平均年齢は2016年下半期(29.9歳)に次いで過去2番目に平均年齢が高かった。

転職をした年齢層の内訳は、「25歳〜29歳」(38.9%)が最多。以降、「30〜34歳」(24.3%)、「40歳以上」(13.8%)、「35〜39歳」(13.2%)と続く。

前回と比べると、「30〜34歳」「35〜39歳」は増加し、「24歳以下」「25歳〜29歳」「40歳以上」の割合は減少した。直近の半年間で転職をした人の人数はすべての年代で上昇したが、特に30代の転職者の伸びが目立った。

「企画・管理系」は34.6歳 新規事業発足等の要因で高止まり傾向

職種別に見ると、「企画・管理系」(34.6歳)が調査開始後、初めて「技術系(建築/土木)」(34.3歳)を抜き、転職平均年齢が最も高くなった。2016年下半期から、新たな事業の発足や経営戦略などを受け持つ「企画・管理系」の転職年齢は、高い状態で留まっている。

一方、インフラ整備や既存物件の修築などで需要が高まっている「技術系(建築/土木)」は、労働力の不足により未経験可の求人も急増している。そのため転職年齢は2015年下半期の37歳を頂点に下がり続けている。

大きな変化があった職種は「専門職系」(33.9歳、前回比+0.8歳)と「事務・アシスタント系」(30.7歳、+0.7歳)、「技術系(医療/科学)」(31.4歳、−0.6歳)という結果だった。

業種別に年齢の内訳を見ると、20代の割合が過半数に達した職種は「販売/サービス系」(67.2%)、「営業系」(59.6%)、「事務・アシスタント系」(52.9%)となった。

また30代の割合が高かったのは「専門職系」(49.1%)、「クリエイティブ系」(47.4%)、「企画・管理系」(44.5%)で、40第は「技術系(建築/土木)」(24.6%)、「企画・管理系」(23.8%)、「専門職系」(19.6%)が高かった。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)