『カメ止め』上田監督、スピンオフは「企画から完成まで約50日」「無茶ぶりになんとか答えました(笑)」

『カメ止め』上田監督、スピンオフは「企画から完成まで約50日」「無茶ぶりになんとか答えました(笑)」

『カメ止め』上田監督、スピンオフは「企画から完成まで約50日」「無茶ぶりになんとか答えました(笑)」の画像

昨年映画界を騒がせた映画『カメラを止めるな!』のスピンオフドラマ『ハリウッド大作戦!』プレミアム試写会が2月28日、池袋シネマ・ロサで開催された。

試写会後のトークセッションではカメ止めの監督で、今回脚本・製作総指揮を務める上田慎一郎さん、『ハリウッド大作戦!』の中泉裕矢監督、出演者らが参加した。

今回のスピンオフドラマの主役は日暮監督(演:濱津隆之さん)ではなく、日暮監督の娘役の真央(演:真魚)。カメ止めといえば約30分ノーカットということでも話題になったが、今回は約1時間の上映時間中、17分30秒が長回しの1カットとなっている。

3月2日22時にAbemaTVで放送され、10日から4月30日まで「ネスレアミューズ」でも視聴可能となる。

原案舞台との権利問題は「よかった。それ以上は言うなと言われています」

制作経緯について上田監督は「企画が決定して完成まで約50日」と話す。同作はサイバーエージェントから「スピンオフを作ってください」という依頼があり、1月上旬に企画が始動、試写会で完成品を初めて見る出演者がほとんどの状態で「世界初上映」という。

「サイバーの無茶ぶりになんとか答えました(笑)。僕だけでは出せない色や味、(同作監督の)中泉色もあります。カメ止め好きな人もそうじゃない人も楽しめる作品だと思います」(上田監督)

映画コメンテーターの有村昆さんを迎えて行われたトークセッションでは、中泉監督が「8割くらいカメ止めと同じことをやってちょうどいいと思っていた」と語るが、完成した作品は上田さん曰く「(カメ止めと同じなのは)6割くらい」という。

また日暮監督役の濱津さんは、今回主役を譲ってはいるが、

「現場でよく『濱津さん出過ぎだなあ』って言われてました」

と笑いながら明かす。今回、6日という短期間ではあるものの順調に撮り終えたが、上田さんは「濱津さんが芸能人の顔になってる。あのとき(カメ止め)のもしゃもしゃした感じがなくなって、あれは調整できなかった」と話した。

続編について上田監督は「具体的な動きはない」とはコメントしているものの、「濱津さんの幼少期もあるんじゃない?」という場面もあった。

また、「カメ止め」の原案となった劇団PEACEの「GHOST IN THE BOX!」との権利問題については27日に和解したと発表された。この件について上田監督は「よかったと思っています。『それ以上は言うな』と言われています」とコメントした。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)