"人間関係"が理由の転職、新たな職場でも満足度が低くなる? 一方、「スキルを発揮したい」は高くなる傾向

"人間関係"が理由の転職、新たな職場でも満足度が低くなる? 一方、「スキルを発揮したい」は高くなる傾向

"人間関係"が理由の転職、新たな職場でも満足度が低くなる? 一方、「スキルを発揮したい」は高くなる傾向の画像

エン・ジャパンは2月27日、「転職後の満足度」の調査結果を発表した。調査は今年2月に実施し、「ミドルの転職」を利用する転職コンサルタント118人から回答を得た。

「転職理由によって、転職後の満足度に差が出ると思うか」と回答した人は82%にのぼった。

「やりたい仕事が明確な方は、うまくいくケースが多い」「ギャップが生まれにくい」

「転職理由によって、転職後の満足度に差が出ると思う」と答えた人に、転職後の満足度が高くなる傾向にある転職理由を聞いた。1位は「専門スキルや知識を発揮したい」(44%)だった。具体的には、

「自身の強みや、できる仕事、やりたい仕事が明確な方は、その理由で会社選びをされて入社を決意されるので、うまくいくケースが多いです」
「自身のスキルを活かせる環境へ転職するので、仕事上のギャップは生まれにくい」

といった声が寄せられた。

2位以降、「報酬をあげたい」(42%)、「仕事の領域を広げたい」(31%)、「今後成長できるイメージが持てない」(19%)、「職場の人間関係が合わない」(18%)、「会社の将来に不安を感じる」(17%)と続く。

「人間関係の悪さは自らに起因。自己改善が図れない人は、また不満を持つことに」

一方、転職後の満足度が低くなる傾向にある転職理由の上位2つは「上司と合わない」(42%)、「職場の人間関係が合わない」(40%)と人間関係に関することが占めた。転職コンサルタントからは、

「人間関係の悪さは自らに起因しているところもあるため、他責で自己改善が図れない人は、結局また不満を持つことになる」
「上司や同僚の性格までは、面接などで判断しにくいため」

という意見が挙がった。3位以降、「報酬をあげたい」(33%)、「評価に納得できない」(26%)、「社内で希望する部署・仕事に異動できない」「仕事の進め方が合わない」(同15%)と続く。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)