住みたい街ランキング関東版1位「横浜」−「港区」は自治体ランキング2年連続1位

「SUUMO住みたい街ランキング」関東版1位は横浜 穴場だと思う街は北千住が1位

記事まとめ

  • 「SUUMO住みたい街ランキング2019 関東版」の調査結果が発表された
  • 住んでみたい街の総合ランキング1位は「横浜」で、「恵比寿」「吉祥寺」と続く
  • 穴場だと思う街は「北千住」、住みたい自治体ランキングの総合は「港区」だった

住みたい街ランキング関東版1位「横浜」−「港区」は自治体ランキング2年連続1位

住みたい街ランキング関東版1位「横浜」−「港区」は自治体ランキング2年連続1位

住みたい街ランキング関東版1位「横浜」−「港区」は自治体ランキング2年連続1位の画像

リクルート住まいカンパニーは2月28日、「SUUMO住みたい街ランキング2019 関東版」の調査結果を発表した。調査は1月に実施し、関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)在住の20歳〜49歳の男女7000人から回答を得た。

住みたい街ランキングは「最も住んでみたい」を3点、「2番目に住んでみたい」を2点、「3番目に住んでみたい」を1点で算出。

住んでみたい街の総合ランキング1位は「横浜」(1211ポイント)。以降、「恵比寿」(871ポイント)、「吉祥寺」(774ポイント)、「大宮」(567ポイント)、「新宿」(551ポイント)、「品川」(517ポイント)、「目黒」(498ポイント)、「浦和」(465ポイント)、「武蔵小杉」(453ポイント)、「鎌倉」(448ポイント)がトップ10に入った。

内訳は東京都5駅、神奈川県3駅、埼玉県2駅で、そのうち山手線の駅が4駅を占めた。

「つくば」「流山おおたかの森」「研究学園」などつくばエクスプレス沿線も人気上昇

前回と比較すると、さいたま市の中核駅の人気が上がった。「大宮」が前回9位から4位、「浦和」が10位から8位、「さいたま新都心」が29位から23位、「武蔵浦和」が83位から67位と飛躍を見せた。

中央線の中核駅も「新宿」が7位から5位、「三鷹」は38位から16位、「立川」は22位から18位となった。

つくばエクスプレス沿線も「つくば」は51位から35位、「流山おおたかの森」は46位から41位、「研究学園」は56位から46位、「守谷」は68位から51位、「柏の葉キャンパス」は圏外から90位と、人気が上がった。

自治体ランキングは都心中心に大幅に減少

穴場だと思う街(駅)ランキング1位は2年連続「北千住」(127ポイント)。2位以降、「赤羽」(96ポイント)、「和光市」(65ポイント)と続く。総合ランキングでもこの3駅は20位、32位、33位にランクインした。

また始発駅の「和光市」「大宮」、山手線では家賃の安い「駒込」「田端」「池袋」など東京北側エリアを中心とした駅が上位に入っている。

住みたい自治体ランキングの総合は、2年連続上位2つが「港区」(2134ポイント)、「世田谷区」(1737ポイント)となった。昨年と比べ下落した自治体を見ると、「港区」(337ポイント減)、「千代田区」(290ポイント減)、「文京区」(252ポイント減)、「中央区」(197ポイント減)と都心の中心区が大幅に票を下げた。

一方、郊外の自治体で大幅に票がアップ。鎌倉市は193ポイント、武蔵野市は119ポイント、浦安市は105ポイント上昇した。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)