「他人を見下してしまう癖を直したい」という悩み 一体どうすればいい?「あなたも他人から見下されてる」という声も

「他人を見下してしまう癖を直したい」という悩み 一体どうすればいい?「あなたも他人から見下されてる」という声も

「他人を見下してしまう癖を直したい」という悩み 一体どうすればいい?「あなたも他人から見下されてる」という声もの画像

人間、どうあっても自分のバイアスがかかった視線で物を見てしまう。その結果、自分の尺度よりも低いところにある(と曲解してしまう)考え方やムーブメントを、無意識に小ばかにしてしまう。いわゆる見下しの性質を有している。

これって自覚できている人とそうでない人がいて、自覚できている人の方が自分を冷静に俯瞰できていると思う。なんでいきなりこんな話をしているのかと言えば、今回はこの見下しの性格について話をしようと思っているからだ。(文:松本ミゾレ)

「自分の価値観に合わない人と同じ立場で話されるのが非常に嫌」

僕は性格がすこぶる悪く、興味のない物事は軽んじることがある。まあ、これは別に僕だけのことではないし、世間には僕よりも見下し癖の強い人間はなんぼでもいる。僕なんかまだ可愛いほうだ。

その上でここからが本題なんだけど、これまで僕は自分の見下しの性質を何度か改めたいと思ったことがあった。だって、そんなモノの見方をしているのはどうにも健全でない気がしたからだ。結論から書くと、この性質は治ることがなかった。やっぱり世間には、失笑モノのトレンドが山のようにあるんだもの。あんなのを全て笑顔で受け入れていたら、とても身が持たない。

さて。先日毎度おなじみガールズちゃんねるを閲覧していると「見下してしまうクセを治したい」というトピックを見つけた。トピックを立てた人物は、元々人を見下す癖があり、「(自分の)価値観に合わない人と同じ立場で話されるのが非常に嫌」なのだそうだ。

本人的にはこのクセをどうにか矯正したいようだけども、これはなかなか難しいように思う。欠点って、どれもこれもが治そうと思って治るものでもないし。特に見下してしまう癖だって人格の重要な一部になってもいるから、いまさらどうこうするなんて至難の業だろう。

「直そうと思って直せるものではないし、何ら悪いことではない」

ここで例によって、このトピックに寄せられていた書き込みの一部を紹介したいと思う。トピックを立てた人物への意見や指摘の中には、目を引くものも結構あったからだ。

「主も他人から見下されてるよ、お互い様」
「狭い世界で生きてきてるんだなって印象。上には上がいるよ。弁えてる人は人を見下したりしない。人間なんてひょんなことで状況は変わるよ」
「いいんじゃないですか?人間て下を見て安心したい生き物だし。人間性は直そうと思って直せるものではないし、これまで通り自身に合ったレベルの層とだけ関わっていけばいいだけです、何ら悪いことではありません」
「自覚しているタイプは珍しい。見下す奴って、ナチュラルに相手を貶める言動を取るし、自分の態度に一生気づかない」

と、こういう具合に色んな意見がある。傾向として目立ったのが「あなたも誰かから見下されてるよ」という意見であった。でもトピックを立てた人物の立場になって補足したいんだけど、そんなことはこの人もとっくに分かっていると思うんだよね。分かっててわざわざ不特定多数から意見を求めてるんだし。個人的には、それなのに「お前も見下される対象だよ」みたいな意見が多かったところが気になった。分かってるっての(笑)。

人って価値観の違う他人を拒絶してしまう生き物だ。トピックの意見をちょっと閲覧するだけでも、トピ主を攻撃し、マウントを取り、見下している人が多いんだもの。そしてその中には自分が今、誰かを見下した発言、書き込みをしているのだということに気付いてない人だって、きっといるのだろう。

要はお互いさまなのだ。僕にしてもそう。僕は色んな人、流行を小ばかにするが、別の立場の誰かは、僕のこの駄文に不快をおぼえて「読むに値しない」と見下す。見下しの習性は人の持った業。「外せない呪いの装備」みたいなものだと考えて、上手く温厚な真人間の顔をしてやり過ごすほかない。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)