転職して後悔した人たち「休日出勤の手当てが昼飯」「未経験なのに1人で経理・人事・総務・不動産関係をやらされる」

『転職して後悔』に残業代ゼロ・休日出勤の手当ては昼飯も 体験談を紹介

記事まとめ

  • 意気込んで転職したが前職よりも状況が悪化し大失敗した体験談について、紹介している
  • ある30代男性は『市場シェアが高い』と聞き入社も、それはほんの一時期のことだった
  • 技術職の30代男性は人間関係の悪さに嫌気が差し転職も、転職先も同じ環境だったという

転職して後悔した人たち「休日出勤の手当てが昼飯」「未経験なのに1人で経理・人事・総務・不動産関係をやらされる」

転職して後悔した人たち「休日出勤の手当てが昼飯」「未経験なのに1人で経理・人事・総務・不動産関係をやらされる」

転職して後悔した人たち「休日出勤の手当てが昼飯」「未経験なのに1人で経理・人事・総務・不動産関係をやらされる」の画像

「もうこんな会社辞めてやる!」と意気込んで転職したはいいが、前職よりも状況が悪化し、絶望を味わうケースもある。キャリコネニュース読者から寄せられた、転職に大失敗した体験談を紹介したい。

管理・事務職の20代女性は、求人票に書かれた「試用期間と本採用で給与に差がない」という条件を無視されてしまった。

「入ってみたら試用期間だけ1万円もダウン……。このご時世、1万円でも大きいですよ」

お金に関する失敗は少なくない。営業職の40代男性の転職先はマイカー通勤。現在、車通勤で片道1時間かかっている。ガソリン代の支給はあるものの、直線距離で算出されるうえ限度額が低い。「毎月5000円くらいは赤字です」と不満を漏らす。

「市場シェアが高い」と聞かされていたが、実際に高かったのはほんの一時期

管理・事務職として働く20代女性は、新卒入社した会社が倒産してしまい、「次はしっかりした企業で働きたい」と意気込んで転職。面接時に担当者からかけられた「売上が伸びている、できれば上場も目指したい」「経理関係未経験でも先輩がいるから安心」言葉を信じて入社した。しかし、

「入社したら面接担当者ひとりしかいなかったんです。社長は別会社兼務でほぼ不在でしたし、営業職がその後数名入ったものの、私ひとり経理関係、不動産関係資料作成、人事、総務を必死で勉強してなんとか対応しました」

と、苦しい日々を送った。女性の努力は報われるどころか、「社長も面接担当者も経営のことは全く分かっておらず、やりたい放題で今では倒産寸前です」と散々な目にあっている。

ソフトウェアメーカーの営業職をしていた30代男性は、「市場シェアが高い」と聞いて入社を決めたが、いざ入ってみると、「開発力がライバル他社より遅れていました。シェア率が高かったのは、ほんの一時期のことだったんですよ」と呆れている。

自分の能力や希望を言うと、社員総出で「現場以外の能力は一切必要ない」

技術職の30代男性は、人間関係の悪さに嫌気が差して転職。イエスマンが重宝され、意見をはっきり述べるタイプは「排除」されていた。しかし転職先でも同じような環境で、悪口が飛び交い、男性も陰口を叩かれてしまう。17時を数分でも過ぎると、

「『まだ終わらんのか!』と罵声が飛んできます。気が滅入ってしまい、現在再転職に向けて動いています。一刻も早く辞めたいです」

と辛そうだ。

40代男性は、介護に関する相談支援の知識を生かして転職したが、入社した企業は「現場の介護ができるか」を重視。社員総出で「それ以外の能力は一切必要ない」と、男性の能力や希望を否定したという。職場に嫌気を感じた男性は、その後すぐに転職した。

ほかには、

「壮大な理想を掲げつつやってることはほぼ詐欺だった」(40代男性、技術職)
「契約時間が前後プラス一時間・残業代ゼロ・休日出勤の手当ては昼飯」(販売・サービス、20代男性)

といった声が寄せられている。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)