手取り15万円以下のリアル「貯金を切り崩さないと生きていけない」「プロパーと仕事は変わらないのに月収14万円」

手取り15万円以下のリアル「貯金を切り崩さないと生きていけない」「プロパーと仕事は変わらないのに月収14万円」

手取り15万円以下のリアル「貯金を切り崩さないと生きていけない」「プロパーと仕事は変わらないのに月収14万円」の画像

お金は全てではないが、お金がないと生きていけない。仕事のモチベーションも上がらないし、生活不安を抱えながら働くのも精神衛生上よくない。キャリコネニュース読者から寄せられた「手取り15万円以下で働いたことがある人」のエピソードを紹介する。

販売・サービス業で働く40代男性は、手取り約15万円。家賃や光熱費、食費など最低限の固定費を払うと、手元に5万円ほどしか残らない。しかし、どんなに支出を抑えても、医療費など予期せぬことで出費が増えることはある。

「ちょっとしたことで支出がオーバーすることもザラです。前職で貯めた貯金を切り崩さないと生きて行くことすらできません。本当にちょっとしたことで経済的に破綻してしまいます」

と不安な毎日を送っている。

「会社の飲み会で5000円使うなら、子どもたちに何か美味しいものを食べさせたい」

管理・事務職の正社員として働く40代女性は、月給18万円で、午前9時から午後5時まで働いている。報酬に対して女性が担う業務は多く、

「現金管理、支払い関係、給与処理、弥生会計、レセプト、スケジュール管理、請求関係、社内LAN管理、消耗品管理、 電話応対など、やることがたくさんで忙しいです」

という。昇給は毎年あるとは限らない。ボーナスの支給は決算が出てから決まり、出たとしても1か月分がいいところだという。女性は、

「働いても働いても、生活に余裕がありません。 せめて毎年昇給があればモチベーションも上がるのですけどね。45歳という年齢を考えると、転職するか迷います」

と心境を吐露した。

管理・事務職の非正社員として働く40代女性は、「業務内容はプロパーとほぼ変わらないのに、手取りは14万です」と不満を抱いている。

この給与では飲み会の出費は相当の痛手だ。自身が異動するため送別会を開いてもらったが、会費は5000円。断ろうとしても、「主役だから出てくださいよ」と押し切られてしまった。

「シングルマザーとして必死に働いています。5000円を会社の飲み会に使うなら、子どもたちに何か美味しいものを食べさせてあげたいです」

「年金受給者に『お金がない』と言われると、自分はどうなんだと複雑な気持ちになる」

ケアマネージャーとして働く40代女性は、夜間も休日もひっきりなしに働いている。それでも給与には反映されない。女性の苦しみをよそに、上司は福利厚生の一環で利用できるリゾートホテルで余暇を楽しんでおり、余計に自分の環境を惨めに感じてしまう。

「周りは勝手に私が高給取りだと勘違いしてますし、自分が情けないです。高い年金をもらっている利用者が『お金がないんです』と言うのを聞くと、自分はどうなんだと複雑な気持ちになります」

と胸の内を明かした。

派遣社員として電子部品の出荷管理の仕事をする40代女性は、最低賃金で勤務を続けている。ボーナスもなく、「今月は残業したな」と思っても月収15万円を超えることはない。「どんなに頑張っても最低賃金で、正直へこみます」と評価されないことに不満を感じている。

「趣味や娯楽にお金をかけられないことが辛いです」と言うのは、クリエイティブ職に従事する30代女性。職場付近の飲食店は価格帯が高く、食費節約のため、「ランチはコンビニコーヒーだけということもあります」という。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)