頭痛もち女性の6割以上「天気の変化が原因」 うち7割は「天気・気圧の変化を予測できる」

女性の3割が月に2〜3回以上の頭痛を経験 うち6割以上が「天気の変化が原因」

記事まとめ

  • 大正製薬によると、月に2〜3回以上頭痛を経験している人は、男性18.6%、女性30.6%
  • 頭痛もちの女性に原因を尋ねると、1位は「首・肩の筋肉のこり」(68.6%)
  • 2位は「天気の変化」(64.1%)、3位は「精神的なストレス」(62.4%)となった

頭痛もち女性の6割以上「天気の変化が原因」 うち7割は「天気・気圧の変化を予測できる」

頭痛もち女性の6割以上「天気の変化が原因」 うち7割は「天気・気圧の変化を予測できる」

頭痛もち女性の6割以上「天気の変化が原因」 うち7割は「天気・気圧の変化を予測できる」の画像

大正製薬は3月下旬、頭痛と天気の変化に関する調査結果を発表した。調査は今年3月にネット上で実施し、10〜60代の男女2万9172人から回答を得た。

月に2〜3回以上の頻度で頭痛を経験している人は、男性で18.6%、女性で30.6%。性年代別で見ると、女性は10〜40代で4割、50代で3割になった。男性は30代(25.9%)をピークに減少する。女性は10〜50代の若年層から更年期にかけて男性との差が大きくなっている。

女性の場合、月経サイクルで変化するホルモン分泌量の影響を受け、頭痛がおきやすい。中でも、若年層は女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量の変動が要因としてあげられて、生理前や生理中、出産後は頭痛がおこりやすくなる。

現代女性を取り巻く社会環境も変化し、仕事と家事を両立させることで休息をとることが難しくなっている。同社は、「常にストレスがかかっていることも頭痛発症に影響があると考えられる」としている。

男性は「精神的なストレス」「首・肩のこり」で頭痛

頭痛もちの女性に原因として考えていることを聞いた。1位の「首・肩の筋肉のこり」(68.6%)に次ぐ「天気の変化(低気圧の接近等)」(64.1%)は、最も男女差が大きく14.1ポイントの開きがある。天気の変化が原因と回答した女性に「天気の変化(低気圧の接近等)」を予想できるかを聞くと、精度は別にして「予想できる」が72.9%にのぼった。

3位以降、「精神的なストレス」(62.4%)、「寝不足・睡眠の質の悪さ」(61.4%)、「目の疲れ」(58%)と続く。男性は「精神的なストレス」(58%)が最多で、「首・肩の筋肉のこり」(57.3%)、「寝不足・睡眠不足の質の悪さ」(57.1%)、「目の疲れ」(56%)、「天気の変化」(50%)と続く。

実際、頭痛と天気は関係があるのか。同社は、「気象要素の中でも、特に気圧の変化が頭痛の引き金になるといわれています」とコメント。低気圧が近づくと、その影響で体がむくみ、脳が血管を拡張させるため、頭痛がおこりやすくなるという。低気圧が近づくと頭痛の予兆から、天気の変化を予想できるのではないかと考えられる。

症状が出たら、「とにかく無理をせずに体を休めることが基本」

頭痛は天気の変化だけでなく、音やにおい、光などの刺激も原因となることも判明している。通勤通学時に聞く音楽の音量、近衣類用柔軟剤の強い香りは頭痛を誘発する要因になることがある。スマホなどのブルーライトも脳への刺激が強く、カットする工夫が必要だ。

ほかに同社は、「気象というストレスに負けないように、日頃から自律神経を整えておくことも大切」として、日中はアクティブに活動し、夜はリラックスするなど、メリハリのある規則正しい生活スタイルを心がけることを提案する。

症状が出たら、「とにかく無理をせずに体を休めることが基本」という。今回の調査で、「PC作業が辛くて仕事ができなかった」「頭が痛くて目を瞑っていたら、居眠りと勘違いされた」「イライラしすぎて家族にあたってしまった」といった声が寄せられた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)