「20代のイケメン貧乏」と「50代の残念金持ち」、結婚するならどっち? 未婚女性に聞いてみた結果

「20代のイケメン貧乏」と「50代の残念金持ち」、結婚するならどっち? 未婚女性に聞いてみた結果

「20代のイケメン貧乏」と「50代の残念金持ち」、結婚するならどっち? 未婚女性に聞いてみた結果の画像

TOBEが運営する20〜30代女性向け、婚活・恋愛に勝つための情報サイト『愛カツ』は3月31日、未婚女性が考える結婚相手のスペックに関する調査結果を発表した。調査は今年3月に実施し、625人から回答を得た。

スペックの選択肢として、「20代のイケメン貧乏」か「50代の残念金持ち」という、ルックスと収入が反比例した選択肢と、20代と40代の異なる年齢でルックスと収入を対応させた選択肢を用意。

20代は「イケメン・年収100万円」「ふつう・年収300万円」「残念・年収500万円」、40代は「イケメン・年収300万円」「ふつう・年収500万円」「残念・年収1000万円」とした。

結婚相手にふさわしいと思うのは年収も顔も「ふつう」の人

「あなたの結婚相手にふさわしいスペック」を聞くと、1位は「20代・ふつう・年収300万円」(36.5%)。2位は「40代・ふつう・年収500万」(35%)となった。そこそこのルックス・年収の組み合わせを選ぶ傾向があるようだ。

3位は「40代・残念・年収1000万」(7.4%)、4位「40代・イケメン・年収300万」(6.7%)と40代が続き、5位「20代・残念・年収500万」(6.1%)、6位「20代・イケメン・年収100万」(4.3%)と20代が続き、7位は「50代・とても残念・年収1億」(4%)となった。

同じ年収500万円でも「残念な20代」より、「ふつうの40代」の方が支持を得ている。また両年代、「残念な金持ち」の方が「イケメンな貧乏」より支持されていることが分かった。

スペックを選べるなら?「50代超ブサメン金持ち」が「20代イケメン貧乏」を上回る

また、結婚相手するならどのスペックの相手がいいかを聞くと、上位2つは同じく「20代・ふつう・年収300万」(36.8%)、「40代・ふつう・年収500万」(29.3%)。こちらも「ふつう」層に7割近くの票が集まった。

3位は同率で「40代・残念・年収1000万」(7.2%)、「40代・イケメン・年収300万」(7.2%)、「20代・残念・年収500万」(7.2%)。ルックス重視か収入重視かで票が割れる結果となった。

6位は「50代・とても残念・年収1億」(6.5%)、7位は「20代・イケメン・年収100万」(5.9%)と前述のランキングから逆転した。「50代のとても残念な金持ち」の方が「20代のイケメン貧乏」より選ぶ人が多かった。

同社は、「結婚するなら、ルックスも年収も極端に悪いのはイヤ、"そこそこ"レベルはあってほしいし、かつ若い人のほうが良い……という、どの要素も完全には諦められない女性の願望を反映する結果となりました」とコメントしている。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)