20代女性の65%「SNS疲れ」最も疲れるのはフェイスブック 「”まあまあ”や”微妙”も付けられるサービス」求める声も

20代女性の65%「SNS疲れ」最も疲れるのはフェイスブック 「”まあまあ”や”微妙”も付けられるサービス」求める声も

20代女性の65%「SNS疲れ」最も疲れるのはフェイスブック 「”まあまあ”や”微妙”も付けられるサービス」求める声もの画像

アスマークは4月3日、全国20代〜60代の男女を対象とした「SNS疲れに関するアンケート調査」の結果を発表した。調査は1月下旬の3日間、同社運営サイトのアンケートモニター会員1000人を対象に実施した。

過去にSNSアカウントを保有し、投稿もしくは閲覧を週に一回以上していたことがある人に、SNSで「疲れ」を感じたことがあるか聞いたところ、「ある」と答えた人は42.7%だった。

20代女性はどのSNSでも約半数が疲れを経験

男女・年代別で見ると、最も多いのが「女性20代」で、65%がSNSで疲れを感じた経験がある。女性では40代(54%)、50代(45%)、30代(39%)の順に疲れを感じていた。男性は多い順に30代(47%)、20代(41%)、40代(39%)だった。

疲れを感じたことのあるSNSを聞くと、1位が「Facebook」(42.5%)、2位が「LinkedIn」(42.1%)、3位「mixi」(37.2%)、4位「LINE」(32.2%)、5位「Twitter」(29.3%)だった。FacebookやLinkedInなど、職場やビジネス関係者との交流が含まれるツールは比較的高いパーセンテージになっている。特にビジネス特化型のLinkedInは、20代女性で66.7%、50代女性でなんと100%が、「疲れを感じるSNS」と回答し、数値を押し上げている。

TikTokやInstagramなど、匿名性や娯楽性の高いツールでは、ほとんどのユーザーが30%未満と低い傾向だったが、20代女性はどのツールでもおよそ半数が疲れを経験しているのが大きな特徴だ。

「繋がると同時に自分の世界も守れるサービス」にニーズあり

「SNS疲れ」を感じて利用をやめた・退会したことのあるサービスは、1位「Facebook」(12.2%)、2位「LINE」(9.1%)、3位「mixi」(7.3%)、4位「Twitter」(5.6%)、5位「Instagram」(3.7%)だった。SNS疲れを感じたことがある人のうち、69.6%が「疲れを感じたことがあっても、退会はしない」と答えている。20代は男女とも中止率が高い傾向が見られた。

「SNS疲れ」を感じた人に、今後「あったらいいな」「改善されたらいいな」と思うSNSを聞いたところ、次のような回答があった。

「ブロックではなく、その人のアカウントがこちらから凍結できるSNS」(30代/男性)
「お互いの気持ちが一致してから相互フォローができるように通知がいく」(20代/女性)
「自身の位置情報や、生活や行動を簡略化する機能が充実しすぎてるので、度合いをカスタマイズできるサービス」(20代/男性)
「"いいね"だけでなく"まあまあ"とか"微妙"のような、段階別に付けられるような機能になればいい」(40代/女性)

また、「SNSをしていることを知られない機能」や、出身校・出身県が同じ同士が繋がる機能を求める人もいた。調査を実施したアスマークは、「繋がると同時に自分の世界も守れるようなサービスを求めるコメントが多く見られる」と分析している。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)