騒々しい選挙カーに不満爆発「ない方がいい」「子供の昼寝も起こされるしいい加減にしてほしい」

騒々しい選挙カーに不満爆発「ない方がいい」「子供の昼寝も起こされるしいい加減にしてほしい」

騒々しい選挙カーに不満爆発「ない方がいい」「子供の昼寝も起こされるしいい加減にしてほしい」の画像

今年は統一地方選挙が行われる。都道府県と指定都市は4月7日、市区町村は21日の投票日に向けて、各候補者が選挙活動に日夜奔走している。

選挙の時期にいつも起こるのが、選挙カーの騒音問題だ。4月3日のガールズちゃんねるに「うるさい選挙カー、苦情を入れたい!」というスレッドが立った。スレ主が住む自治体では、市議会議員選挙に向けた選挙活動が加熱していて、「今はとにかく選挙カーがうるさい」らしい。騒がしさで頭痛がしてしまい、選挙事務所に苦情を入れようか悩んでいるという。(文:石川祐介)

「夜勤のある仕事だから本当につらい。耳栓して寝てる」

コメント欄には「あれ文句言ってもいいの?いいならすぐにでも言いたい」とスレ主に共感する声がとても多く、「マジで投石したくなる 選挙カーは根絶してほしい」という意見も見られた。

「子供の昼寝も起こされるし、いい加減にしてほしいと思うときあるよ」
「朝の8時40分赤ちゃん二度寝中にデカイ声で走り回る!腹立って苦情入れたかったが名前がよく聞こえない!」

子供をせっかく寝かしつけたのに、うるさい選挙活動のせいで目を覚ましてしまい、再び寝かしつけをしなければいけないと訴える人も少なくない。育児中の家庭にとって選挙カーは天敵なのだろう。もし、その候補者が「子育てがしやすい街作りをします」と掲げていたならお笑いである。

「私も夜勤のある仕事だから本当につらい。耳栓して寝てる」

選挙活動は日中に行われるため、夜勤などで昼間に睡眠をとる人にとっても選挙カーは迷惑な存在のようだ。

アピールが逆効果に「あれうるさすぎる人、絶対投票しないと決めている」

他にも「住宅街のうちの目の前でも演説して、本当に迷惑だけど近所の人の目もあるから何にも言えない」と選挙カーだけでなく街頭演説による騒音に怒りを覚える人もいる。

「うちなんて朝の9時から握手しにわざわざ家訪ねて来たよ。かなりイラつくわ」

わざわざ家まで足を運び投票を呼びかける候補者までいたそうだ。朝はやることが多くバタバタしがちだ。そんな時間にいきなり訪問されたら、どれだけ素晴らしい公約を掲げている候補者でも、投票する気が失せてしまいそうだ。

投票してもらうための選挙カーや声掛けだが、

「あれうるさすぎる人、絶対投票しないと決めている」
「真面目に聞いている人っているのかな?みんなうるさいなぐらいにしか思ってなさそう」
「選挙カーなんてない方がいいんじゃないかと思う。名前言ってお願いしますお願いしますって言ってるだけ。すごくうるさくて迷惑」

と、逆効果になっている可能性がある。選挙活動を控えめにしたほうが得票数が伸びた候補者も、過去にいたのではないかと思えてくる。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)