古市憲寿氏、新紙幣デザインに不満「ださすぎない?」「キャッシュレス化を進めるための作戦なんですか」

政府は紙幣と500円貨幣を刷新すると発表 古市憲寿氏は新しい肖像などが不服のよう

記事まとめ

  • 政府は4月9日、1万円、5000円、1000円紙幣と500円貨幣を刷新すると発表した
  • 社会学者の古市憲寿さんは、ツイッターで「古臭いにもほどがある」と述べた
  • 新しい肖像は、1万円札が渋沢栄一、5000円札が津田梅子、1000円札が北里柴三郎に

古市憲寿氏、新紙幣デザインに不満「ださすぎない?」「キャッシュレス化を進めるための作戦なんですか」

古市憲寿氏、新紙幣デザインに不満「ださすぎない?」「キャッシュレス化を進めるための作戦なんですか」

古市憲寿氏、新紙幣デザインに不満「ださすぎない?」「キャッシュレス化を進めるための作戦なんですか」の画像

政府は4月9日、1万円、5000円、1000円紙幣と500円貨幣を刷新すると発表した。新札は3Dや3Dホログラムなど最先端の偽造防止技術が搭載されるほか、数字を大きくするなどユニバーサルデザインに配慮したものとなる。

これに対し、社会学者の古市憲寿さんは同日、ツイッターで「新紙幣、見本とはいえ、あまりにもださすぎない?古臭いにもほどがある」と述べた上で、

「これは、こんな格好悪いもの使いたくないとキャッシュレス化を進めるための作戦なんですか」

と投稿した。

「キャラクターや絵画、名所旧跡を含めれば候補は無限にある訳でしょ」

新しい肖像は、1万円札が渋沢栄一、5000円札が津田梅子、1000円札が北里柴三郎となる。裏面はそれぞれ東京都駅丸の内駅舎、藤の花、葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」。新紙幣は2024年度上期をめどに発行される。

しかし、古市さんは新しい肖像などについて、「キャラクターや絵画、名所旧跡を含めれば候補は無限にある訳でしょ。いい漫画家も、いいアーティストもたくさんいる国で、これはあり得ない」と不服のようだ。

また、2019年に変更されるパスポートが見開きごとに「富嶽三十六景」の各作品を使用し、全ページ異なるデザインとなることから「そのアイディアはいいなあと思った」というが、

「なんで紙幣はこうなるの。ちなみにパスポートは一応、有識者会議は開いてたんだけど、紙幣はどうなんだろう」

と疑問視している。

リプライ欄にも、新紙幣について「見慣れてない違和感なのか…」「子供銀行みたい」などの声があがる一方、「視覚障害者に識別させ易くしたユニバーサルデザインだそうです」と指摘する声も寄せられた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)