「現金はキャッシュレスより価値高い」6割 現金への厚い信頼浮き彫り 中高年ほどキャッシュレス決済を利用

「キャッシュレス決済」70.05%が利用 年代が上がるにつれて利用率も上がる傾向

記事まとめ

  • スマホを所有する20代〜60代1000人を対象に「キャッシュレスに関する意識調査」を実施
  • キャッシュレス決済を「利用している」人は70.5%で、中高年ほどキャッシュレスを利用
  • 1回あたりの抵抗のない支払額は、クレカ平均11.9万円、スマホ決済は平均2.3万円だった

「現金はキャッシュレスより価値高い」6割 現金への厚い信頼浮き彫り 中高年ほどキャッシュレス決済を利用

「現金はキャッシュレスより価値高い」6割 現金への厚い信頼浮き彫り 中高年ほどキャッシュレス決済を利用

「現金はキャッシュレスより価値高い」6割 現金への厚い信頼浮き彫り 中高年ほどキャッシュレス決済を利用の画像

ビッグローブは4月8日、「キャッシュレスに関する意識調査」の結果を発表した。キャッシュレス決済を「利用している」人は70.5%に上った。利用理由の1位は、「支払いがスムーズ」(75.3%)で、「割引やポイントがある」(58.0%)、「お金の管理がしやすい」(22.3%)が続いた。

調査は、今年3月6日〜7日に実施。インターネットを利用し、スマホを所有する20代〜60代の男女1000人から回答を得た。

1回あたりの抵抗のない支払額、クレカ平均11.9万円、スマホ決済は平均2.3万円

キャッシュレス決済を利用している人を年代別で見ると、20代が63%、30代が64%、40代68%、50代76.5%、60代が81%と、年代が上がるにつれて利用率も上がる傾向があった。

「現在利用している」人に使っているキャッシュレス決済の種類を聞いたところ、1位が「クレジットカード」(78.2%)、2位は「プリペイド型電子マネー(Suica・nanacoなど)」(60.9%)だった。3位の「ポストペイ型電子マネー(LINE Pay、PayPayなど)」(17.7%)を引き離している。

一方でキャッシュレス決済を利用しない人に理由を聞くと、「お金を使いすぎてしまう」(33.2%)、「仕組みをよく知らない」(32.2%)、「必要性を感じない」(31.9%)が上位に挙がった。

「かつてキャッシュレス決済を利用していたが、現在は使っていない」と答えた人に理由を質問したところ、「お得感を感じられなかった」が29.1%で最も多く、「完全なキャッシュレスにはできなかった」(27.7%)が続いた。

「現金1万円とキャッシュレスの1万円、どちらがよりお金としての重みを感じるか」を聞くと、「現金」が56.7%と、「キャッシュレス」(9.1%)に約6倍の差をつけた。キャッシュレス決済の普及が進んでいるとはいえ、お金の重みは現金に感じる人が多いことがわかる。

「1回あたりのキャッシュレス決済での支払いに抵抗のない上限額」を質問すると、クレジットカードでは平均11.9万円、スマホ決済では平均2.3万円だった。同じキャッシュレス決済でも、スマホ経由での高額決済には抵抗が強い。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)