全国住みたい街ランキング「京都」がトップ10落ち 一方『飛んで埼玉』の影響か「埼玉県さいたま市」が人気急上昇

全国住みたい街ランキングで神奈川県横浜市が1位に 京都市と那覇市はトップ10落ち

記事まとめ

  • 「生活ガイド.com」を運営するウェイブダッシュが全国住みたい街ランキング2019を発表
  • 京都府京都市は前回2位から11位、沖縄県那覇市は10位から13位となりトップ10落ちした
  • 港区や世田谷区、西宮市は転入者は少なく、住みたくてもなかなか住めない街なんだとか

全国住みたい街ランキング「京都」がトップ10落ち 一方『飛んで埼玉』の影響か「埼玉県さいたま市」が人気急上昇

全国住みたい街ランキング「京都」がトップ10落ち 一方『飛んで埼玉』の影響か「埼玉県さいたま市」が人気急上昇

全国住みたい街ランキング「京都」がトップ10落ち 一方『飛んで埼玉』の影響か「埼玉県さいたま市」が人気急上昇の画像

地域応援サイト「生活ガイド.com」を運営するウェイブダッシュは4月10日、全国住みたい街ランキング2019を発表した。調査は生活ガイド.com会員 2502人から回答を得た。

住みたい街ランキング1位は「神奈川県横浜市」。2016年実施の前回調査に引き続き首位をキープした。2位は「東京都世田谷区」(前回4位)、3位は「東京都港区」(6位)で前回からランクアップした。

「港区」「世田谷区」「西宮市」は住みたくてもなかなか住めない街

4位から10位までは上から順に「北海道札幌市」(前回3位)、「福岡県福岡市」(8位)、「埼玉県さいたま市」(41位)、「大阪府大阪市」(5位)、「兵庫県神戸市」(9位)、「愛知県名古屋市」(7位)、「兵庫県西宮市」(22位)となっている。

大きく躍進したのは、今話題の映画『翔んで埼玉』で注目されている「埼玉県さいたま市」(41位から6位)と、西日本で憧れの街常連の「兵庫県西宮市」(22位から10位)。一方、「京都府京都市」は前回2位から11位、「沖縄県那覇市」は10位から13位となりトップ10落ちした。

転入者数を見ると、最も多かったのが「神奈川県横浜市」(21万1610人)で、以降「大阪府大阪市」(19万3301人)、「愛知県名古屋市」(16万108人)、「北海道札幌市」(12万3211人)。8位が「埼玉県さいたま市」(81万582人)、9位「兵庫県神戸市」(78万774人)と、住みたい街ランキング上位の顔ぶれと似ていた。

一方、住みたい街ランキングと転入者ランキングで順位が乖離している街も。住みたい街2位の「東京都世田谷区」の転入者数は11位(6万8131人)、同じく住みたい街3位の「東京都港区」は転入者数36位(2万8960人)だった。「兵庫県西宮市」も住みたい街では10位だったが転入者数は47位(2万1270人)とかなり少ない。

この3市区はいずれも地価が高いのが特徴だ。土地平均価格ランキングでは2位「東京都港区」(1平米あたり150万7778円)、11位「東京都世田谷区」(58万1556円)、37位「兵庫県西宮市」(24万3038円)となっている。住みたいけれども実際はなかなか住めない街、ということのようだ。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)