マツコ、社内ニートに喝「社会は平等。優秀な人に仕事が振られる」「なんでも良いからなんかやる。やったことを誰かが見ている」

マツコ・デラックスが「マツコ&有吉 かりそめ天国」で“社内ニート”を一蹴

記事まとめ

  • テレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」で社内ニート状態の正社員の投稿が紹介
  • 投稿者は、優秀な同僚が1人で仕事をこなすため自分には大した仕事が振られないと告白
  • マツコは「平等じゃないですから、社会は。より優秀な人の方に仕事が行く」と語った

マツコ、社内ニートに喝「社会は平等。優秀な人に仕事が振られる」「なんでも良いからなんかやる。やったことを誰かが見ている」

マツコ、社内ニートに喝「社会は平等。優秀な人に仕事が振られる」「なんでも良いからなんかやる。やったことを誰かが見ている」

マツコ、社内ニートに喝「社会は平等。優秀な人に仕事が振られる」「なんでも良いからなんかやる。やったことを誰かが見ている」の画像

4月10日の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)では、優秀な同僚が1人で仕事をこなすため自分には大した仕事が振られず、社内ニート状態になっている34歳正社員からの投稿が紹介された。

社内ニートを抜け出したいと願う投稿者ではあるが、マツコ・デラックスさんは「優秀な同僚のせいで仕事が回ってこないニュアンスだったけど、そんなに仕事をしたいならその人を超えなきゃ無理」とばっさり。仕事が出来る方に任せたいと思う上司の心情は当たり前で、投稿者は自身を見つめ直す必要があると一蹴した。(文:石川祐介)

有吉も賛同「腐って何もやらないのが一番ダメ」

マツコさんは続けて、投稿者を「上司に『私のことを平等に扱ってくださいよ』っていう臭いがする」と指摘。「平等じゃないですから、社会は。より優秀な人の方に仕事が行く」と語った。

有吉さんは社内ニートという言葉を「自虐的にね。そうやってやってりゃ楽な人もいるしね」と鼻で笑うが、「仕事って大変だよね。タレントを目指している人達はほぼタレントニートだから」と、自らも似たような状況を過ごしたことがあると明かす。これにはマツコさんも「ニートだかなんだか分からない時期を皆過ごすもんね」と同調していた。

マツコさんは、自身が今活動できている理由は分からず、「まぐれで今こうなってる」と述べる。そのため、

「(投稿者に)『頑張んなさいよ』と言いつつも、『じゃあお前どう頑張ってたんだよ』って言われるとよくわからない。今ですらどう頑張ってるのか自分でもわからないからさ。なんかやればいいのよ、なんでも良いから。なんでも良いけどやったことを誰か見てるから。これやったら正しいってはないのよ」

とアドバイスする。明確な正解がないのは大前提として、なんでも良いから行動に移してみるべきだと勧めた。有吉さんの「腐って何もやらないのが一番ダメ」にも「一番ダメ。本当」と頷いていた。

ネットでは「社内ニートって有るんだ 働きたいのに仕事が回ってこないって 余裕ある会社だな」と驚く人や、「社内ニートの話が出て、めっちゃ怒りを覚えてたら、マツコが思ってたことを言ってくれてスッキリ」とマツコさんの歯に衣着せぬ物言いを称賛する人もいた。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)