「新人に帰っていいって言ったらマジで帰った」怒る先輩社員に大呆れ「めんどくさい上司」「指示したのにキレるって何?」

「新人に帰っていいって言ったらマジで帰った」怒る先輩社員に大呆れ「めんどくさい上司」「指示したのにキレるって何?」

「新人に帰っていいって言ったらマジで帰った」怒る先輩社員に大呆れ「めんどくさい上司」「指示したのにキレるって何?」の画像

僕はしょっちゅう、目に付いたものにネガティブな気持ちを抱く。それだけでなく、わざわざその感覚を言葉にして吐き出すので、とにかく友達が少ない。こういう性質の人間は疎まれるので、それも当然だ。

しかしそういう人間は決して僕一人だけではない。世間には、積極的に表に出ては誰かをこき下ろしたり、足を引っ張ることを生きがいにする、心の寂しい人がわんさかいるのだ。(文:松本ミゾレ)

「察して残ったのは4人だけ。アホちゃう?」「4人は部署みんなと飲みに誘う」

恐らくこのコラム、今年度から社会人になった若い人も見ていることだろう。そういう人たちに読んでもらいたいのが、ここから先。先日2ちゃんねるに「新入社員さん、『もう帰っていいよ』を真に受けてマジで定時後に帰ってしまう」というスレッドが立っていた。本文には「察して帰らずに残ったのは4人だけ。アホちゃう?」とある。

おおっと、新年度スタート早々、大した先輩風である。さぞや有能な人材なんだろう。

さらに、「専務はブチギレ。残った4人以外はクビやろな」なんて書き込んでいる。「残った4人はこのあと部署みんなと飲みに誘うで」と、新人にすれば完全に迷惑としか捉えられない提案までする始末。

「うわぁ、マヂ無理」と、僕の心の中のギャルもそう言っている。誰がこんなヤツと飲みたいって言うんだろうか。こういう引っ掛け問題のような態度を、4月になって早速かます人間というのは大抵ろくでもない。

「一番かわいそうなのは残された4人」「仕事無いのに残業させる意味無いだろ」

そもそも、このスレ主に見て取れるのが、自分のことしか考えていない偏った価値観だ。新入社員の立場というものを考慮できていない。文中の、専務とやらもしかりである。

「定時だから帰っていいよ」と言われて帰っちゃった新入社員は、郷に入ったので郷に従って帰ろうと思っただけかもしれない。帰って欲しくないならちゃんと伝えるのが先輩社員の務めだろう。それを放棄していながら、スレ主は勝手に憤り、帰った者たちを見下している。

しかも残った4人の新入社員には、彼らがおそらく望んでもいないであろう飲み会に付き合わせるってんだから、本当に無理。こんな人間が先輩社員として居座っている職場なんか、事前に分かってれば誰も入社しないだろう。専務もそういう人間のようだし、なんと言うか時代にそぐわない、うすらサブい会社に違いあるまい。

スレッドの反応を見ていても、スレ主に賛同する声は多くはない。いくつか引用して紹介させていただく。

「めんどくさい上司やなぁ」「一番かわいそうなのは残された4人」
「むしろ新人定時で帰らせない無能部署あるか?仕事無いのに残業させる意味無いだろ」
「帰宅指示したのにキレるとかどういうこと?」

このように、スレ主含め会社に対して否定的な声を上げたり、スレッド自体がニートが立てた設定ガバガバの作り話だと断ずる声が結構あった。ただ、現実って作り話よりも理不尽なもので、僕はこういう先輩社員がいる会社を知っている。だからこれ多分事実なんだろうなぁ……。

事実、スレ主の亜種みたいなヤツの書き込みも目に付いた。一例を挙げたい。

「今まさにうちもその状況だわ。アホな新人が帰りおったから50回ほど電話かけてやっと繋がったわ。速攻で戻ってきて詫び入れろってブチ切れておいた」

このザマである。どっちがアホなのか。仮にこの新人さんがアホだとしたら、こんな書き込みをしちゃう人物はどの程度"まとも"なのだろう……。

日本は長らく不景気の真っ只中にある。原因はいくつもあるが、遠因としては会社という組織に巣食うこういう連中の増殖によって、人間性を削がれる労働者が山のように増えたということも挙げられるはずだ。

というか、こんな発言をしちゃう先輩社員各位。君たちの人生ってそれで楽しいの? それでよかったの?

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)