「ダラダラ残業やめて!」定時で帰りたい女性に共感多数「お局が居座って帰りにくい」「真面目にやってる私が馬鹿みたい」

「ダラダラ残業やめて」ガールズちゃんねるで女性が訴え "残業が偉い"という風潮も

記事まとめ

  • ガールズちゃんねるで「ダラダラ残業!勘弁してください!」と訴えるトピが話題に
  • トピ主は、ダラダラ生活残業する"管理職と先輩おばちゃん"にウンザリしているそう
  • スレッドには「お局ばばあ達が居座って帰りにくい」など共感の声が寄せられた

「ダラダラ残業やめて!」定時で帰りたい女性に共感多数「お局が居座って帰りにくい」「真面目にやってる私が馬鹿みたい」

「ダラダラ残業やめて!」定時で帰りたい女性に共感多数「お局が居座って帰りにくい」「真面目にやってる私が馬鹿みたい」

「ダラダラ残業やめて!」定時で帰りたい女性に共感多数「お局が居座って帰りにくい」「真面目にやってる私が馬鹿みたい」の画像

働き方改革関連法によって、4月1日から残業時間の罰則付き規制が始まりました。中小企業は来年からですが、世の中は長時間労働を是正する方向で動き出しています。ところが、そんな流れに逆らうように「ダラダラ残業」する職場もまだ沢山あります。

12日のガールズちゃんねるで、「ダラダラ残業!勘弁してください!」と訴えるトピックが多くの共感を集めました。トピ主は、効率など全く考えずダラダラ生活残業する "50代の管理職と先輩おばちゃんたち"にウンザリしています。しかも後輩までそれを真似する始末。

「仕事の効率も質も下がって悪循環……。泣けてきます」

と嘆き、「どうすればいいのでしょう」と呼び掛けました。(文:篠原みつき)

「残業してる人が偉い」は有能な人材のやる気を削ぐ

「周りが残っているから帰れない」は、ニッポンの労働環境あるあるです。心を強く持って「1人でも定時で帰る!」を徹底するしかないですが、同調圧力に弱い日本人は、そう簡単に割り切れないのも現実です。

スレッドには、似たように状況に苦しむ人が、次々とコメントを書き込みました。

「こっちは子供迎えに行くリミットもあるし、帰宅後もまだ戦いは続くのにお局ばばあ達が居座って私まで帰りにくい始末」
「私の上司は残業時間が少ないとネチネチ言ってきます。 定時で帰ろうとすると他部署の人達まだ帰ってないなーと言います。知らんがな」

また、目立って多かったのが「残業している人が偉い」とする職場風土に対する怒りです。

「ホントは定時で終わるのにわざと伸ばして残業代をもらってる人いるよね。真面目にやってる私が馬鹿みたいだわ」
「そんな環境を許してる上司だと、テキパキ仕事を終わらせて定時で帰る人がサボってるように見える。アホらしい」

実務能力の高い人ほど時間内に仕事をこなせるのに、要領が悪くて人件費がかさむ人が評価され多く稼ぐのは腹立たしい!と不満を持つ人のなんと多いことか。これでは、優秀な人のモチベーションは下がるばかりでしょう。アドバイスとして転職を薦める声も多数ありました。

「とにかく社内に『残業=悪』の風潮を植え付ける」

しかし泣き寝入りする人ばかりではありません。周囲にどう思われようと絶対に「定時で帰る」という人も複数いました。中には、

「私は定時で帰り続けてたら後輩もそれにならって帰りだして、残業するのはだらだらしてるお局だけになったよ」

という人も。自ら率先して行動することによって、少しずつ変えられる場合もあるようです。

「とにかく社内に『残業=悪』の風潮を植え付けることだね」と書いた人は、今日中の仕事を終わらせたら、嫌味を言われても「残業も経費ですから!皆で経費削減ですよ」「プライベート充実が世の中のトレンドです」などと無邪気に答えることを推奨していました。

それで職場に居づらくなるようなら、やはり転職したほうがいいでしょう。効率を考えない長時間労働で利益が出た時代は終わっている、と気づいていない上司やトップのいる会社は、安心して働けませんから。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)