『わたし、定時で帰ります』3話「教育係に必要なことは、レッテルを貼らない」に共感の声 「一方的な決めつけ」の危うさが描かれる

『わたし、定時で帰ります』3話「教育係に必要なことは、レッテルを貼らない」に共感の声 「一方的な決めつけ」の危うさが描かれる

『わたし、定時で帰ります』3話「教育係に必要なことは、レッテルを貼らない」に共感の声 「一方的な決めつけ」の危うさが描かれるの画像

「絶対に定時で帰る」がモットーのヒロインを吉高由里子が演じる『わたし、定時で帰ります』(TBS系)。4月30日放送の第3回は、新入社員の来栖泰斗(演:泉澤祐希)にスポットが当てられ、「辞めたがる新入社員とどう向き合うか?」が問われた。

東山結衣(演:吉高由里子)が勤めるWEB制作会社では、3人の新入社員のうち2人がバタバタと辞め、残るは来栖のみ。そんな中、取引先のCM撮影時に来栖が撮影した"不適切動画"がSNSで拡散し炎上してしまう。(文:篠原みつき)

「仕事は根性ないとね。最近の若いのは骨がないでしょ」

結衣は婚約者の実家への挨拶をドタキャンし、謝罪対応に追われた。それにも関わらず、ずっと連絡がとれなかった来栖は翌朝何事もなかったように出社。動画は、自身が内輪のチャットで共有したものを友人が勝手にSNSに上げたので、自分も被害者だと言い出す。叱責されると、「じゃあ、辞めます」と言い放ち会社を飛び出してしまう。

就職氷河期世代の三谷佳菜子(演:シシド・カフカ)は「まったく今年の新入社員ときたら、我慢できない、謝らない、どうしようもないですね!」と憤る。結局、騒動は無事終結し、結衣と来栖は大手スポーツ用品メーカーのサイト制作のコンペを任される。取引相手はコテコテの体育会系で、

「仕事は根性ないとね。最近の若いのは骨がないでしょ。一度の失敗ですぐ辞めたいって言い出したり、かと思えば定時でとっとと帰るようなのもいる。お前ら仕事する気があんのかってね」

と悪気無く根性論をぶつけてくる。

もちろん、ドラマは新人をディスって終わらない。三谷が新人に対する不満をぶちまけているとき、上海飯店の店主・王丹(演:江口のりこ)は、「ひとくくりナシね、みんな色々よ。人生いろいろよ」と三谷をたしなめる。「人を育てるのに向いてない」と漏らす結衣に、結衣の元教育係である賤ヶ岳(演:内田有紀)も

「教育係に必要なことは、新人類とかモンスターとか、そういうレッテルを貼らないで、その人自身を見ていくことじゃないかな」

とアドバイスしている。ネットでは「いいこと言うなぁ」「ほんと、その通りだな」など共感の声が相次いだ。

新人へのレッテル貼りは、組織が永遠に活性化しない

来栖は何度も「辞めたい」と言うが、結局は結衣に心を開いていることが分かる。ラーメンを食べながら弱音を吐き、不適切動画も友人が"仕事できるアピール"してくることへの対抗意識でやってしまったと本音を明かしていく。彼なりに早く仕事で成果をあげたい、認められたいという焦りや不安があったのだ。

実際、こういう本音を新人が言うことはほとんど無いだろう。レッテルを貼ってくる上司の前ならなおさらだ。「新人は」と一方的に決めつけて異物のように扱うと、その人の仕事のパフォーマンスを失わせる障壁が何なのか発見できない。組織は永遠に活性化しないままだろう。ドラマでは、実は来栖が結衣の仕事に新しい風を入れたことが描かれている。

ネット上では副部長・種田晃太郎(演:向井理)の素敵な上司ぶりも評判になっているが、個人的には部長・福永清次(演:ユースケ・サンタマリア)の、部下に責任転嫁する「こんな上司は嫌だ」ぶりが秀逸で、次回はいよいよ本領発揮しそうなところが楽しみだ。人材の育成にあたる多くの人が、自分の働きかたを客観視するきっかけなれば良いと思う。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)