会社を辞めようと思った理由「強制飲み会でダメ出し地獄。しかも割勘」「上司は日曜出勤しているのに、君は休んでいる」

会社を辞めようと思った理由「強制飲み会でダメ出し地獄。しかも割勘」「上司は日曜出勤しているのに、君は休んでいる」

会社を辞めようと思った理由「強制飲み会でダメ出し地獄。しかも割勘」「上司は日曜出勤しているのに、君は休んでいる」の画像

「もうこんな会社は続けられない」――。退職の気持ちは、何がきっかけで固まるのだろうか。キャリコネニュース読者から寄せられた「会社を辞めたくなったエピソード」には、

「定期券購入の代金は立て替えですし、出張費は前借りできないので先に自腹で払わないといけません」(40代男性、技術職)
「面接で聞いた条件と違っていて、相談するも他人事でした。上司から『泣き寝入りしてもらっている』と聞かされ、辞めようと思いました」(40代男性、技術職)

などの回答が寄せられた。ほかの体験も見て見よう。

「上司は日曜にも出てる。日曜日に休んだうえ、終わりませんと言われてもね〜」

会計事務所で働いていた30代男性は、繁忙期には毎日23時近くまで残業し、さらに土曜も出勤して対応していた。心も体も限界を感じた男性は然るべき人に相談したが、

「上司は日曜にも出てる。日曜日に休んだうえ、終わりませんと言われてもね〜」

とまったく取り合ってもらえず、「この人達はヤバイ人達だなと実感し辞めようと思った」と決意した。

営業職として働く30代男性は、親が緊急入院して有給を使った時、上司から嘘つき呼ばわりされた。その日は重要なプレゼンと重なったため、やむなく別の営業担当者を代役に立てた。

しかし上司からは「プレゼンに出たくないから、サボってるのだろう」と嫌味を言われ、辞める意思が固まったという。

技術職の30代女性は、妊娠中期に突然異動命令がくだった。異動先までは車、電車ともに自宅から2時間近くかかるため、妊娠中というデリケートな状態では負担が大きい。女性は元の職場に留まりたいと訴えたものの聞き入れられず、自分の体と将来を考え転職した。

「社員にまともな賞与を払わないのに、在籍する新旧愛人には海外旅行・車プレゼント」

スーパーの生鮮売り場で働いていた30代男性は、生モノを扱うにもかかわらず、トイレに行った後に手を洗わず、床に落ちたものをそのままパックに詰めて販売するなど、不衛生な状態だった。 おまけに産地偽装もしていたという。

年間休日は40日ほどしかくなく、労働時間は午前5時〜午後4時がデフォルトと、働く環境はかなり悪い。人間関係も最悪で、「こんな会社にいるのが限界で体調を崩しました」と振り返る。

営業職をしていた40代女性の元勤務先は、社長の元愛人と現愛人が揃って在籍する奇妙な環境だった。社長は愛人たちに入れ込んでいて、社員にまともな額のボーナスを払わないにもかかわらず、彼女たちには海外旅行や車をプレゼントしていた。この事実を知ったとき、「だめだと思いました」と退職した。

販売・サービス業で働いていた20代男性は、役員から参加を強制される飲み会が嫌でたまらなかった。割り勘で勤務時間外に付き合わされ、延々と他の社員のダメ出しを聞かされるのが地獄だったという。もし参加を断れば考査に響くため、参加するしかなかった。

ほかにも、

「毎日あらゆる仕事を丸投げされ、残業しながらも粛々と対応してきたが、上司のミスまで自分のせいにされるようになったとき」(30代女性、管理・事務職)
「給料が低く、ひとり暮らしはとてもできないと思いました」(20代女性、管理・事務職)

といった声が寄せられた。

キャリコネニュースでは引き続き、「会社辞めよう……」と思ったエピソードを募集しています。

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)