企業内託児所で女性のキャリアはどう変わる? 「子どもが側にいる安心から仕事に集中できる」という声

企業内託児所で女性のキャリアはどう変わる? 「子どもが側にいる安心から仕事に集中できる」という声

企業内託児所で女性のキャリアはどう変わる? 「子どもが側にいる安心から仕事に集中できる」という声の画像

働き方が多様化し、夫婦共働きが当たり前になっている現代。働く子育て世代は、保育園の待機児童問題など、子どもの預け先を確保するのに苦労している。預け先がないために復職がかなわず、退職を余儀なくされるケースもある。

もし勤務先に企業内託児所や提携の保育所などがあれば、子育て世代はもっと働きやすくなるかもしれない。企業口コミサイト「キャリコネ」には、託児所を利用できる企業に勤めている人々の声が寄せられている。【参照元:キャリコネ】

「子どもが熱を出しても迎えに行ける」「預け先を気にせず復帰できる」

「隣に託児所がありすごく便利。保育士さんも優しくイベントもいろいろしてくれます。子どもにとってもよい環境だった」(看護師・30代前半女性 正社員 年収250万円)

「託児所あります。経営者は女性の社会進出に理解を示してくれていると思います。子育てをしながら共働きが多い昨今、子どもが熱を出しても迎えに行けるなど、急な休みにも理解があるほうだと思います」(医療福祉関係 30代後半、男性、正社員、年収400万円)

「院内託児所があるため育休を1年って復帰することができる。子どもの預け先を気にせず復帰でき、そばにいる安心から仕事に集中できる。ただ、勤務時間しか預けることが出来ず、勤務表を提出しているので自分が休んでいると預けられない。保育料はとても安く給料天引き」(病院勤務、教師・インストラクター、30代前半、女性、正社員、年収230万円)

医療業界の口コミが目立った。もちろん全ての病院で制度が整っているわけではないが、院内や近隣に託児所がある病院も多数あるようだ。「預け先を気にせず復帰できる」「子どもが熱を出しても迎えに行ける」など、働く子育て世代にとってはありがたい環境だろう。

「育休後も日中のみの勤務にしてもらえる等融通もきく」

「託児所もあるので、子育てはしやすいと思う。育児休暇が女性だけでなく男性も取得できるようになったので、選択肢が増えて働きやすくなったと思う」(技術関連職 20代前半男性 正社員 年収330万円)

「産休・育休の取得率も高い。育休後も日中のみの勤務にしてもらえる等融通もきく。また、会社の託児所を利用している人もいる」(介護・ケア関連職 20代前半女性 正社員 年収360万円)

「無料の託児所があり、女性の働きやすい環境が整っているように感じる。休憩スペースがあり、ドリンクを無料で飲むことができ、酸素カプセルなどを使った休憩が可能で業務効率アップをはかっている」(法人営業 20代前半男性 正社員 年収300万円)

「子どものいる社員は付属の託児所に預けることができ、内線を通じて適宜連絡を取ることができます。子どもが病気をして病院に連れていかなければならない時など、すぐに連絡を取り合い託児所に迎えに行くことができるので、親御さんは安心だと思いました」(通訳・翻訳 20代後半女性 正社員 年収360万円)

医療業界以外では、ただ「託児所がある」というだけでなく、男女の育児休暇取得や復帰後の勤務時間の調整がきくなど、働き方そのものに理解がある企業の口コミが目立った。会社全体で労働環境が整っているからこそ、託児所などの整備も福利厚生のひとつとして取り組めるのかもしれない。「働き方改革」が進められている今、子育て世代以外も含めた全ての社員が働きやすい環境が求められている。【参照元:キャリコネ】

キャリコネで企業の口コミを見る

関連記事(外部サイト)